お知らせ

月別アーカイブ: 2016年4月

五月病になるその前に!

2016年04月26日

こんにちは。スタッフの小池です。

 気づけば4月も最後の週となりました。

4月から新生活が始まった方はまだまだ慣れない環境で頑張っているところだと思います。

 

私も、十数年前に高校を卒業して北海道を離れ京都で一人暮らしをはじめました。

慣れない気候や新しい環境、早口で聞き取れない関西弁や新たな人間関係などなどなどなど・・・・・知らず知らずストレスがたまったのだと思うのですが、

大きな病気はありませんが体調を崩すことが多くなりました。

顔中にニキビが出るし(数えたら40個軽くをこえたので途中でやめました)、アトピーで全身がさがさ。

胃はシクシクするし、激太りと激やせで月経不順になったり、疲れやすく気持ちがふさぎがちだったりと。いわゆる、不定愁訴に悩み続けました。

病院に行っても、『ストレスですね』と言われて薬を出されて終わり。

そんな不定愁訴をどうにかしたい!と思ったのも、鍼灸師を目指した大きなきっかけの一つです。

 

 

5月に入ると『5月病』と言われるように、不調を訴える方が多くなります。

これは、4月の新生活へで緊張感で交感神経が高まる日々が一段落したうえに、5月の連休で気持ちが一気にリラックスモードになり副交感神経へスイッチが切替るので、

連休明けの仕事や学校などが余計に辛くなり心のバランスが崩れやすくなるそうです。

 

また東洋医学では、春は『肝』に属しており、感情は『怒』、能力は『生』です。

生は草木に例えると、命が芽吹いてどんどん伸びていく能力です。

伸びていく能力が十分に機能せず抑圧されたり発散されないと、

肝気が鬱屈しイライラしやすかったり、逆に落ち込んだりと不安定になると言われています。

 

そんな精神的に不安定になりやすいこの時期におすすめの食べ物が肝の働きを助けてくれる『酢』です。

また、冬の間にため込んだ不要なものを排出してくれる解毒作用のある食べ物もおススメです。

ウドやタケノコ、ふきのとうなど。春の野菜は解毒作用があると言われています。ウドの酢みそ和えは理に適っているということですね。

 

ツボでいうと、肝経の『太衝』もおススメです。

足の親指と人さし指の間をたどっていって止まる所なのですが、肝経が滞っていると押すと痛いです。人によっては激痛です。

 

それでも、体がスッキリしないなーという方は一度ご相談ください。

体の不調を少なく、不定愁訴の少ない体づくりを目指しましょう!

 

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

どきっ、、、自分の後ろ姿、自信がもてますか?

2016年04月20日

梅宮です

街路樹のハナミズキが開いてきました

白もさわやかでいいですし、ピンクのかわいらしい色も見ていて気持ち良いです

この時期は外にいるのが気持ちいいですね。

今日は窓の外に黒スーツを着ている若い集団が歩いておりました。

4月のリフレッシャーです。

みなさんの職場に新人さんはおられますか。

それともご自身がそうでしょうか。

今年、武田では新人さんがおりませんが、

日曜日に小池先生とマナー講習へ行ってきました。

 さて

職場2年目以降の先輩方、自分の社会人マナーは何点だと思いますか。

 

講師の方にこう尋ねられて、私はどきりとしました。

きちんと出来ている!

と堂々と胸を張れる人はそもそも参加していないのかもしれませんが。

受付マナーだけでなく、社会人マナーも午後にありました。

だからか受付さんだけでなく、院長の姿も多く見えていて、

いかに役職問わず多くの人が

このスキルをきちんと身につけたいと思っているのがわかります。

 

講習のなかで、「ジョハリの窓」という心理学の表が出てきました。

ただの2×2の表なんですが、この表全体を自分の可能性と考えます。

このうち2つのマスを小さくしていくと、代わりに大きくなっていくマスが出てきます。

これが自分の今の実力です。

 

自己成長を進めていくためには、

1、自分は知っているが他人は知らない私

2、自分は知らないが他人は知っている私

この2つのマスをなるべく少なくしていくといい

ということでした。

 

なんだか言葉遊びのような書き方でわかりづらいですね。

それぞれどういうことか具体的な例をあげてみます。

 

1、「自分は知っているが他人は知らない自分」

・上司からの電話連絡を私だけが知っている状態(他のスタッフにまだ連絡していない)

 ・私は公開していないけど、実はかなりの○○好きである(お酒、昆虫、アニメ…などなど)

 

守秘義務のあることを他者にしゃべってはいけませんが、

積極的に他へ伝達した方がいいもの(業務連絡)や

言っても差し支えないものは

自分の内にとどめおかずにどんどんオープンにしましょう。

そうすることで「私」が何を考えているのかが外から分かり、

周りは安心してその人を信頼することができます。

 

2、「自分は知らないが他人は知っている自分」

・自分はしているつもりでも、実は声が小さくて相手には挨拶が届いていない

・自分は全部しゃべったつもりでも、実は思っている以上に自分が早口で、

相手がほとんど聞き取れていない電話

 

これは指摘されないと改善することがむずかしいエリアです。

そして指摘されたことについて真摯な反省が必要になるので、

1よりもハードルがあがると思います。

自分の可能性を広げるためにはここをいかにクリアしていくかが

働き盛りの方は特に課題かもしれません。

なぜかというと、日本文化では年齢があがるとあまり指摘されなくなってくるからです。

あ、でも

若くて役職に就いている方も同じかもしれませんね、、、

社長、つばつけてお札数えるのやめた方がいいですよ。

なんて言えないです。

はたして外国では下から上でも指摘されるんでしょうか、、、

 

マナー講習はとても胸に刺さる内容が多く、良い時間を過ごすことができました。

いち社会人として後ろ指をさされないよう

この年齢でしっかりと学ばせていただき感謝しております。

なかなかすぐ素直に反省できない自分ではありますが、

これからも精進していきますので、みなさまどうぞよろしくお願いします。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

不妊治療していると入れない!?保険はお早めに・・・

2016年04月11日

こんにちは。スタッフの小池です。

4月から不妊治療に対する医療保険の商品が解禁になる!

ということで、ぞくぞくと商品が出てくるのかと思って期待していたのですが、

今のところは目立った動きが見られないですね。

 

 

以前にも少し書いたのですが、

不妊治療をしている方は医療保険の加入が厳しくなってしまいます。

検査をしても体に病気がなかったのに、不妊治療をすると何故保険に加入出来ないの?

と疑問に思う方もおられると思います。

 

不妊治療をすると、ホルモン療法など投薬治療を行うことが多いので、薬の副作用で体に異常が現れ通院・入院するリスクが高くなります。

最悪の場合、副作用で死に至るケースもないとは言えないので、

民間の医療保険会社では不妊治療をしていると加入出来なかったり、子宮や卵巣などの臓器を不担保と言って、万が一病気が見つかっても子宮や卵巣の病気が見つかっても保障しませんよ。

ということになるそうです。

なので、たとえ人工授精や体外受精にステップアップしていない投薬治療のみだとしても保険の加入が難しくなります。

 

今保険に加入しているから大丈夫!という方でも、定期保険に加入中の方は注意が必要です。

定期保険に加入した時は不妊治療をしていなかったので問題なく入れたという方でも、満期が近付いて更新しようと思った時に不妊治療をしていると更新出来ない場合があるそうです。

 

また、「現在、妊娠中」という方も安心出来ません。

出産時に万が一「帝王切開」になった場合、帝王切開も手術なので医療保険の加入時に「過去5年間に入院・手術を受けたことがありますか?」の問いに告知をしなければなりません。

なので、帝王切開から5年間の保険の加入が難しくなる場合があります。

これから妊娠・出産を控えている世代の女性で、いづれ医療保険に加入しようかな・・・と考えている方は、早めに加入していた方が安心です。

 

保険屋さんの回し者みたいなブログになってしまってすみません(汗)

でも、いざ保険に入りたい!と思った時に入れないと悔しい思いをすることもあるので、

「あの時に知っていれば・・・」とならないために参考になればと思います。

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

ダイエット、腹筋だけでは足りてませんよ

2016年04月06日

梅宮です

桜が開花していて外を走っていると花弁がパラパラと舞っています。

川沿いに並んで生えていると、もっさりピンク色の雲がただよっていて

足元の菜の花とあわせてすてきな景色になっています。

牧野は春満開です。

コンビニに寄ると、イチゴを使った商品がたくさんそろっていて

そこでも春を感じます。

さて、この時期の女性誌でよく取り上げられているのは

薄着になるからこそのダイエット。

「夏に向けて、焦らず今から計画的に!」

こんな見出しで我々を急かしてきます。

 

減量計画、、、こう聞くと皆さんは何を思い浮かべますか。

私はダイエットとなると、補給と排出の天秤を思いつきます。

 

要は食事と運動ですね。

個人的には運動よりも、食事見直しの方が体重変化があるように思います。

これは…代謝が落ちてきているということなのでしょうかね。ふふふ。

 

これからの時期日本列島では

甘い物を制限したり、朝晩に走り出す方が静かに増えると予想されます。

頑張ります。

 

この冬から辛抱強く運動に取り組んできた方を一人ご紹介したいと思います。

訪問でお邪魔している80代の男性です。

この冬から腹筋、背筋、骨盤底筋等、内臓まわりの筋トレに取り組んでこられました。

時間にして10分ほどですが、2日に1度の頻度で横になりながら今も続けておられます。

 

きっかけは腹腔内の筋肉が低下していたことによるトイレ事情でした。

特にここ1年で間食が増えこの方は体重が急増しました。

腹腔内の圧力が上がると、ちょっとした前かがみや立ちあがり動作で、

下着の中でしくじってしまう。

 

じゃあ、運動しよう。

 

とはいきません。

この方は狭窄症なので歩く、走る、といった運動関係がしづらい状況なのです。

でもそれでも頑張って、布団の上だけのちいさな運動により

この春以前より体型がシャンとなりました。

トイレの問題も今は起きていないようですし、筋トレの効果が表れた1件です。

 

ダイエットとは違いますが、筋肉は落ちすぎてしまうと

我々が当たり前にやっていた行動すら出来なくなってきます。

体型維持を考えると、まず鍛える場所はお腹や足だと思います。

でも、まって下さい。

その土台になるインナーマッスルはちゃんと鍛えてありますか。

骨格の外側にある筋肉を急ぎできたえても、

足場になる体幹の中も鍛えておかないと

食欲の秋に負けてしまいます。

せっかく頑張って夏に綺麗になったら、なるべく持たせたい。

少し寄り道に見えるかもしれませんが、

インナーマッスルを鍛えることで、寝ている間の消費エネルギーも上がり

骨際の筋肉がしっかりすると肩腰の捻挫、ギックリも防ぐことができます。

土台ができると四肢の筋肉もつけやすいですし、本格的な夏間際のダイエットにも有効で

とてもいいことづくめなので、まだ夏まで余裕がある今こそ

まずストレッチから始めてみませんか。

無駄になることはありません!

部位にきく運動もご紹介できますので、どうぞご相談くださいね。

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop