お知らせ

月別アーカイブ: 2018年8月

不妊治療はどういった流れで進んでいくのか

2018年08月20日

不妊治療はどういった流れで進んで行くのか、まだ専門のクリニックへいったことがない方はそんな不安があるのではないでしょうか。今回は不妊治療がどんな流れで進んで行くのかを説明します。

負担の少ない方法から不妊治療はスタートします

 

原因に応じて、負担の少ない方法から不妊治療を開始していきます。一定期間治療しても妊娠しない場合は、次のように順にステップアップして行われることがほとんどです。ご夫婦の年齢やいろいろな条件によってそのタイミングは異なります。



【第1段階】一般不妊治療

    タイミング法
 妊娠しやすいと言われる排卵日の2日前から排卵日までに性交のタイミングを合わせる方法。目安は6回。

 

    人工授精

 採取した精液中から運動率のよい精子を取り出して濃縮し、妊娠しやすいタイミングで子宮の中に直接注入する方法。妊娠成立のプロセスは自然妊娠と同じ。人工授精で妊娠する確率は1回あたり約10%
 また、一般不妊治療には、排卵誘発薬で卵巣を刺激して、排卵を起こさせる薬物療法、子宮内膜症などに対する外科療法も入ります。

 


【第2段階】高度生殖医療


卵巣から卵子を取り出し(採卵)、体外で精子と受精させて数日後に受精卵を子宮に戻す(胚移植)。受精の方法は以下の2つ。



    体外受精
 卵子と精子を同じ容器に入れ、その中で受精させてできた受精卵をある程度まで培養してから、受精卵を子宮に戻す方法。

 

    顕微授精
 卵子の細胞質の中に、1つの精子を直接入れる方法。

受精障害や重症精子減少症、重症精子無力症などの体外受精では受精が起こらない可能性が高い場合に行う。

 

 

他の治療との併用が可能な鍼灸治療

 

どうしても体への負担がかかってしまう不妊治療ですが、鍼灸治療なら体の調子を整えることができます。また鍼灸治療は他の不妊治療との併用ができます。

鍼灸治療をすることで体の状態が整い、子宮内の血流がよくなり妊娠しやすい体になります。

まだクリニックへ行けれてない方、体外受精を受ける予定の方、どんな方でも結構です。少しでも鍼灸治療に興味があればいつでもご相談くださいね。

不妊治療,流れ,鍼灸

 

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop