鍼灸の歴史

鍼灸とは鍼やお灸を利用し、体の様々な場所に直接刺激を与えて、痛みを和らげることを目的とした東洋医学方法のひとつです。そんな鍼灸の歴史はとても古く、約二千年前に中国で誕生したことがきっかけとなり、現在世界中で鍼灸が取り入れられています。日本でも鍼灸を行っている鍼灸院が多く存在しています。こちらでは、そんな鍼灸の歴史についてご紹介いたします。

鍼灸のルーツ

紀元前2世紀の文献に鍼やもぐさを使用した施術に関する記述が残っていることから、それ以前から行われていたとされている鍼灸。中国地域で行われていた施術は、技術が発展していく中でアジア圏(日本列島、朝鮮半島、ベトナム)に広まっていきました。

日本に初めて鍼灸が伝わったのは5世紀から6世紀はじめとされています。漢方よりも先に鍼灸方法が日本に広まり、その時代から痛みの元を解消してきた東洋医学の代表的方法です。鍼やもぐさを利用した医学方法は各国の人種や特徴にあった手法になっていきます。

日本で鍼灸が独自に発展していったのは江戸時代とされており、これまでに使用されてきた鍼に改良が加えられました。以前の鍼よりも細いという特徴を持ち、痛みの軽減を図ったのです。このような日本式の鍼灸方法は、日本人に最適な鍼灸の方法であり、それは西洋にも広まっていきました。

現在の鍼灸

現在の鍼灸は上記した内容よりも進歩しており、鍼もより細くなっていて、小児から高齢者まで幅広くご利用いただくことが可能です。主に腰痛や肩こり改善を目的として施術が行われていて、その他にはダイエット、不妊などを含む女性特有のトラブルで注目を浴びています。大阪の枚方市で人気の当整骨院でも、国家資格を持っているスタッフによる様々な目的に合わせた施術を行っています。体の不調でお悩みの方はご利用ください。

口コミでも人気の鍼灸整骨院をお探しの方は、是非当整骨院をご利用ください。
当整骨院では、鍼灸やマッサージ、妊娠希望の方のための施術、小児のための小児鍼など、お客様にあった施術を体験いただけます。また、関節矯正や骨盤矯正の施術も行っております。

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop