不妊治療の種類

不妊治療は一昔前までは高度な治療とされていましたが、現在は技術が進歩したことによって病院だけでなくカイロプラクティックや鍼灸院でも受けることができます。不妊治療にはいくつか種類がありますので、こちらでその種類をご紹介しています。

卵管障害の治療について

卵管水腫や子宮内膜症、クラミジアなどが原因で卵管が詰まったり狭くなったりする場合があります。卵管は元々細くなっており、卵管に異常が発生すると不妊症になりやすいのです。
卵管の異常は卵管造影検査と呼ばれる方法で行い、この検査で異常が発見されると通水検査や通気検査でさらに内部を調べます。この検査を受けることで卵管が通りやすくなる可能性があり、妊娠する確率が高くなります。

薬を使用した治療について

クロミッドやプロゲステロン剤、エストロゲン剤といった排卵誘発剤を使って行う不妊治療であり、排卵がない方や卵胞の発育を目的に使用します。不妊症の原因は人それぞれ異なっていますので、1人1人の原因に合わせて排卵誘発剤を使用します。排卵誘発剤を使用すると副作用が発生することもあり、腹部の張りや痛み、肝障害や胃腸障害などを引き起こす場合もあります。

タイミング法による治療について

血液や尿に含まれる黄体化ホルモンやエストロゲンの数値、基礎体温のチェックを行って、排卵の状態や排卵日の予想をする不妊治療です。タイミング法は基礎体温のチェックや検査薬を使用することで排卵日を予想することができますが、難易度が高いので病院で細かく検査してもらった方が排卵日の予想がしやすくなります。

上記以外にも不妊治療はありますが、どの方法も体に大きな負担がかかりますので不妊治療に抵抗を感じる方は少なくないです。副作用もなく体への負担も最小限に抑えた妊娠しやすい体づくりの方法をご希望の方は、枚方市にあります当整骨院に足をお運びください。

当整骨院では、不妊鍼でホルモンや自律神経のバランスを整え、アプローチしていきます。
1年間で多くのお客様が夢を叶えることに成功しており、これからも多くのお客様の幸せをサポートさせていただきたいと思っております。女性の鍼灸師が常勤していますので、安心してご利用いただけます。是非ご利用ください。

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop