お知らせ

骨盤の歪みがむくみにつながることも

2017年10月19日

~骨盤の歪み、開きがむくみの原因かもしれません!~

こんにちは、スタッフの石橋です!最近また一段と寒くなりましたが、体調はいかがでしょうか?体調管理をしっかりしなければなりませんね(><)

今回はむくみと骨盤についてです。症状の程度に違いがあっても、多くの方がむくみを経験したことがあり、悩んでいる方もいるとおもいます。

むくみの原因は大きくふたつあります。

・血液循環が滞るため・・・  血液は心臓から動脈をとおって脚まで送られ、静脈をとおって再び心臓に戻ります。しかし心臓に血液を戻す力が不足していると、血液や血液中の水分が循環しなくなり、水分が皮膚と皮下脂肪にたまり、むくみになります。またとくに脚がむくみやすいのは、心臓から遠く重力に逆らって心臓に血液を戻す必要があるからです。

・リンパ液が滞るため・・・  リンパ液は体内の老廃物を回収、排出したり、体内に入ったウイルスに抵抗したりする働きがあります。このリンパ液の循環がうまくいかなくなっても、むくみが生じます。

 

余分な水分や老廃物を心臓に戻すのに必要なのが、ふくらはぎの筋肉です。しかし骨盤に歪みや開きがあると、歩き方が悪くなり、ふくらはぎの筋肉をしっかり使えていないことがあります。よって、骨盤の歪みや開きにより、うまく循環されずむくみにつながります。

また骨盤に歪みや開きがあると、脚に流れる血液や、そけい部にあるリンパを圧迫し、循環が悪くなり、むくんでしまいます。

 

~むくみの解消法~

・空中自転車こぎ

横になった姿勢で脚を上げることで、脚にたまった水分の循環を促す効果が期待できます。

①仰向けに寝て両脚をあげる

②自転車を漕ぐように脚をぐるぐるとまわす(10回ほど)

 

・かかと上げストレッチ

ふくらはぎと足首を同時に動かすと、血流がよくなります。

①イスや棚など安定しているものにつかまり、両脚のかかとを少し浮かせる

②3秒数えながらゆっくりかかとを上げる

③3秒数えながら床につくギリギリの位置までかかとを下げる

(②と③を20回ほど繰り返す)

 

・鍼灸治療

鍼灸をすることでも、血液の流れをよくすることができます。ご自身でツボを刺激するのも効果があります。

むくみに対する代表的なツボ

失眠:かかとの肉つきが丸く膨らんでいる部分の中央にあるツボ

三陰交:内くるぶしから膝方向へ指幅4本分上にあるツボ

 

・質の良い睡眠をとる

むくみは、筋肉の疲労が回復したり、血行がよくなることで解消されます。しっかりと睡眠がとれていると、筋疲労が回復され、筋ポンプ作用が高まり、余分な水分の排出を促します。上質な睡眠をとることも、むくみ解消のひとつです。

 

~まとめ~

多くの方が悩んでおられるむくみですが、なぜ循環が悪くなっているかは人それぞれです。そのげんを知ることが大切です。長年むくみに悩んでいる方は、もしかすると骨盤に原因があるかもしれません。

当院ではお体全体の歪みを整えていく、経絡美容整体というプログラムがあります。歪みのチェックだけでもできますので、少しでも気になりましたらお気軽にお声掛けくださいね。

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop