お知らせ

股関節の痛みと考えられる原因とは?

2018年03月16日

股関節が痛くて整形外科へ行く方がいると思います。 レントゲンを撮っても骨に異常がない場合は何が原因になるのでしょうか?

股関節,痛み

なぜ股関節に痛みが出てくるのか?

 

歳をとるとともに、実は股関節を動かす筋肉は疲労の蓄積や柔軟性がなくなってきます。

よって股関節に痛みが出てくるのです。

股関節は主な動きとしては、立ったり座ったり、歩いたりする時に動かすのです。

そのため生活する上でほとんどの動作にかかわる大切な関節の一つです。

仕事や生活のうえで座っている時間が長い方は、股関節の筋肉の柔軟性が徐々に欠けていってしまいます。

もちろんそれだけが原因ではなくて、骨盤の動きや姿勢、日常生活動作などが原因になる場合もあるのです。

 

放っておくとどうなるの?

 

・平らな道でもつまずく

・階段が上がりづらい ・

イスから立ち上がるときに痛みが起こる

股関節,痛み,転ぶ

など、日常生活に支障をきたしてしまうのです。

最悪の場合、立っていること自体が困難になる事もあるのです!

というのは、股関節の筋肉の中でも大腰筋と筋肉は、腰から太ももに付いている筋肉であるため、腰痛も引き起こしてしまうのです!

 

どうすれば痛みがなくなるのか

 

骨に異常がないのであれば、筋肉の柔軟性を上げることが第一です。

若いころに比べて柔軟性がなくなるのは当たり前のことです。

自分でストレッチをしたり運動をしていても痛みがある場合は、それは充分に出来ていないということです。

痛みがなかなかとれない方や股関節の痛みで悩んでいる方は一度当院までお越しください。

また、お年寄りで自宅から通院が困難で同じような症状でお悩みの方も一度ご連絡をいただければ、往診もさせていただくことも可能です。

 

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら 鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop