お知らせ

原因のわからない不妊には東洋医学でアプローチ

2019年02月18日

東洋医学ではひとりひとりの「体質」を見極め、それに合わせた不妊治療を行います。そのため、原因の分からない不妊にも対処できるのが東洋医学のメリットです。



不妊に対する鍼灸治療とは



近年、鍼灸や漢方などといった東洋医学の考え方が注目されており、不妊治療でも例外ではなくなっています。
西洋医学がホルモン注射や臓器に直接作用させるものが中心なのに対して、東洋医学である鍼灸はホルモンの調子を調整して妊娠しやすい体作りをしていくことが目的です。

特に体の冷えを改善し自律神経を正常にすることは、排卵が正常に行われなかったり、受精してもちゃんと着床しない方に大変効果的です。

ホルモンバランスを整えることによって、月1回の排卵が正常に行われ、人工授精を行う人にも効果が上がると言われています。
また冷えに対する鍼灸治療の効果は高く、人によっては鍼灸の治療後にすぐぽかぽか体が温まってくるとおっしゃる方もおられます。

血行がよくなると体のすみずみまで栄養素が届くようになり、子宮や卵巣などの妊娠にかかわる臓器が温まり、さらに新陳代謝を活発になるので、不妊改善効果が期待できるのです。

不妊,東洋医学




鍼灸にはリラックス効果もあります



妊活や不妊治療中はストレスや不安が常にあり、こうしたストレスがさらに不妊を悪化させてしまいます。

鍼灸にはリラックス効果があり、さらにストレス耐性を高める効果もあります。

当院でも鍼灸治療による不妊治療を行っております。不妊に悩んでいる方はぜひ鍼灸治療をお試しください。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

 

 

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop