お知らせ

肩こりを改善してくれるツボ4選

2019年03月14日

デスクワークや家事をしていると、首や肩のこりが気になるのではないでしょうか。今回は、デスクワークや家事の合間にできる、肩こり対策のツボをご紹介します。

 

 

肩こりになる原因とは



肩こりと聞くと、姿勢が悪い・運動不足・血が通っていないなど様々な原因を思い浮かべると思います。どれも肩こりの原因につながります。


たとえば姿勢不良、運動不足が続くと…

 

筋肉の緊張、柔軟性が落ちる

筋肉が血管・神経を圧迫し始める

血流が悪くなる

老廃物がたまり発痛物質が出てくる

痛みが発生

痛みのストレスから自律神経にも影響

交感神経が優位になる

筋肉が緊張、血管収縮

 

といったように負のスパイラルにはまっていきます。

 

これらのどれかを遮断することで、肩こりを改善することができます。

 

今回お教えするツボ押しで、ある程度は筋肉の緊張を緩和することができます。

 

 

肩こりに効く4つのツボ



1:手三里(てさんり)

肘を曲げたときにできる横じわの外側の端から、手の方向へ指3本分のところにあります。

ここはパソコンを使うときなどによく使うため、デスクワークされている方におススメです。


2:風池(ふうち)

耳の後ろにある骨と後頭部にあるくぼみとの中間にあるツボです。

スマートフォンの操作やデスクワークなどで、首が前のめりになる機会が多い方におススメです。


3:肩井 (けんせい)

肩の中央にあります。不良姿勢からなる肩こりの多くは、この筋肉に重だるさや痛みを感じることから生じます。日頃からだるさを感じている方におススメです。


4:中府(ちゅうふ)

鎖骨の下のでっぱり(烏口突起)から指一本分下のところにあります。 腕を前に出す動作で使う筋肉です。猫背、肩が内側に巻くような状態になっている方におススメです。

 

 

さいごに

 

いくつか肩こりにオススメのツボを今回ご紹介しました。

放置していると、上記に書いた負のスパイラルにはまってしまい、どんどん状態が悪化してしまいます。

ツボ押しは作業の合間に簡単に行えますので、肩こりの症状がひどくなる前にこまめに行ってくださいね。

 

 

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop