お知らせ

生理中のつらい腰痛の原因とは

2019年03月26日

生理中の症状で腰痛を訴える女性は数多くいます。

ではなぜ生理中に腰痛を感じるのでしょうか。

今回は生理中の腰痛になる原因と、その対処方についてご紹介します。

 

 

生理中の腰痛の原因とは

 

生理中の腰痛の原因は「プロスタグランジン」というホルモンが深く関係しています。

プロスタグランジンの役割は、子宮の収縮を促し、経血の排出をスムーズ行えるようにしています。

しかし血管を収縮させる作用もあるので、このプロスタグランジンが過剰に分泌されると、冷えをひどくしたり、腰痛を引き起こしてしまうのです。

また生理痛や腰痛は、血液の流れが滞っているというサインでもあります。日頃から冷え対策やストレス解消を心がけましょう。

 

 

生理中の腰痛を緩和する方法

 

①ストレスケアを行う

 

ストレスはホルモンバランスを崩してしまいます。
そのため、余暇や趣味を楽しんだりして、リラックスできる時間をとるよう心掛けてください。

また、ゆったりとした深呼吸もおすすめです。息をゆっくりと吐くことで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整えられます。内臓や汗腺の働きの正常化にも効果があります。



②首のつくところを温める

 

首のつくところとは、首、手首、足首、くびれ(腰)のことです。ここは外気によって血液の温度も左右されます。しっかりとここのポイントを温めると身体全体の冷えも解消されます。

 


③質のいい睡眠を取る


人は寝ている間に自律神経のバランスを整えたり、ストレスからの回復をしてくれます。寝る前1時間くらいはスマートフォンやテレビを見ないようにして、部屋は暗めにしてみましょう。
 

 

さいごに

 

生理中に腰痛がひどくなるというのは、血流が滞っているサインです。

生理中の腰痛には、体を冷やさないようにし、リラックスできる時間を作るようにしましょう。

もう少しご自身の身体に目を向け、労わってあげてくださいね。

 

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop