お知らせ

なぜランニングにより腰痛が改善する人と悪化する人がいるのか

2019年04月15日

ランニングをすると、腰痛が改善する人と、余計に腰痛が悪化する人とがいます。

その違いは一体なんなんでしょうか。

今回は、その原因と対策について紹介します。

 

 

ランニングにより腰痛が改善されるのはなぜか

 

ランニングをすることで、代謝をよくし血の巡りがよくなります。

また同時にランニングをすることで、腹筋や背筋が鍛えられ、正しい姿勢を保持するための筋肉を鍛えることができます。

慢性的な腰痛に悩んでいる人は、ランニングをすることで根本的な改善をすることができるのです。

走ることで、血行をよくし、さらに筋肉を鍛えることで体質を変化させていくと腰痛が良くなります。

 

 

ランニングをすると腰痛になる原因とは



ランニングを始めてから腰痛になったという方は、ランニングの方法が間違っているかもしれません。
腰痛を引き起こす間違ったランニングフォームは、大きく分けて3つ考えられます。

 

①腰を必要以上に反らせて走っている


腰を反らせながら走ることで、腰に大きな負荷がかかり腰痛の原因となってしまいます。

人の体は加速するときに自然と腰が反ってしまう構造になっています。
腰を反ること自体は普通ですが、反りすぎると痛みに繋がります。

そんな方におすすめなのが重力を利用した走り方です。

足やお尻の筋肉だけを使って走ろうとすると腰は反ってしまいます。
そこで、上半身を前に倒し、勝手に足が前に出る状態を作ることで腰の反りを少なくします。

体を前に倒すと、転ばないように足が勝手に前に出ます。
その重力を利用してランニングを行うと効果的です。
腰が必要以上に反らなくなることで、腰痛の予防にもなります。

また、正しいフォームは体力を温存できるので、無理なく長い距離を走ることができます。

 

②腹筋が弱い

先ほど書いたように、腰が反りすぎてしまうと腰に負担がかかります。


腹筋が弱いと、ランニング中にかかる腰が反る力に反発することができず、必然的に腰が反ってしまいます。
対処としてランニング前に腹筋運動を行うこと効果的です。


また、ダイエット目的にランニングを行なっている方にも効果があります。
腹筋運動を行うことで、脂肪が燃えやすい状態になり痩せやすくなります。

 

③股関節が硬い

股関節が硬いと腰に負担がかかりやすくなります。
ランニングは足の前後運動によって行われます。

この時、股関節が柔軟であれば腰の位置は一定のまま足を前後させることができます。
しかし、硬いと腰を反らなければ足を後ろに運ぶことはできません。

なるべく骨盤を高い位置でキープし、腰を一定の状態でランニングすることが腰痛の予防になります。

対策として、普段から股関節を動かす習慣をつけましょう。

デスクワークなどで座りぱなしだと股関節は硬くなる一方です。

階段を上るときに一段飛ばしにしたりして、股関節を大きく動かしたり、お風呂上がりにストレッチを行うことで少しずつ柔軟性を高めていきましょう。
また、股関節の硬さはふくらはぎの痛みにも繋がりますので、しっかりケアしていきましょう。

 

さいごに

腰に痛みを感じた時は、無理をせず休み、動けるようになったら今回の対策を試してください。

ランニングは、正しいフォームで行えば、腰痛の解消になります。
正しいランニングフォームを習得し腰痛を治していきましょう。

 

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

 

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop