お知らせ

不妊治療の費用はいくらかかるのか

2016年01月18日

不妊治療に関しては、保険が適用されるものとそうでないものがあり、特に、人工授精や、体外受精、顕微授精などには保険の適応がありません。

今回は保険がきかない不妊治療の費用について紹介します。

 

 

不妊治療、それぞれいくらかかるのか

まずはこちらの記事からご紹介します

<不妊治療>「まるでギャンブル」 高額費用つぎこむ40代(毎日新聞より)

凄く的をついた内容でした。

現在、日本の医師がおこなう不妊治療は段階的に

人工授精 ⇒ 体外受精 ⇒ 顕微授精

となる訳ですが、それぞれの内容、費用、確率をご存知でしょうか?

 

〇人工授精は精子を子宮内に注入

15万~20万

妊娠確率5~10%程度

〇体外受精は精子をかけた卵子を子宮内に注入

30万前後

妊娠確率20%前後

〇顕微授精は精子と卵子を受精させて受精卵を子宮内に戻す

50万~100万

妊娠確率20代40% ~ 40代10%以下

顕微授精でも正常な卵子を採取するだけでも苦痛で確率も低いです。

 

「着床すること」が問題なのであれば、上記の不妊治療は意味がないかもしれません。

 

 

さいごに

不妊のお悩みは晩婚化の今、非常に大切な問題です。

当院では不妊治療専門の女性の先生を中心に苦痛のない施術をおこなってます。

ただし、ご夫婦に致命的な原因がない場合に限りますので、女性は婦人科の検査をお勧めしますし、男性には精液検査をお願いしています。

これがパス出来れば必ず妊娠のチャンスがあります。

仮に顕微授精するにしても鍼灸と併用をお勧めします。

それは子宮の状態をよくする、着床させる内膜の状態をよくさせる事ができるからです。

不妊治療は想像以上の大きな費用と精神的苦痛を伴います。

不妊治療でお悩み中の御夫婦は是非一度ご相談下さいね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

☎072-851-8100

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop