お知らせ

不妊の原因にもなる冷え性

2018年06月11日

 

冷え性で悩む女性はたくさんいらっしゃいますが、実は体の冷えは不妊の原因になるんです。

今回は冷え性と不妊について書いていきます。





冷え性はホルモンバランスをくるわせます。

冷え性や低体温になると血液のめぐりが悪くなります。

血液には身体のエネルギーの素となる栄養素や酵素、身体の調子を整えるホルモンなどが含まれているので、 これらがうまく身体全体に巡っていかなくなると、卵巣機能、黄体機能などの生殖機能の低下も招きます。よって冷え性によって妊娠しづらい体になってしまうのです。

不妊,冷え性


冷え性の原因とは

1筋力不足

体から熱を作り出すには筋肉が必要です。しかし筋肉が少ないと熱が産生されず体が冷えてしまうのです。

また筋肉には血液を全身に行き渡らせるポンプのような作用も担っていますが、筋肉不足によって全身に血液がめぐりづらくなることでも体が冷えてしまいます。

 

2自律神経の乱れ

 

自律神経には血管を拡張させる副交感神経と、血管を収縮させる交感神経の2種類があります。しかし過度なストレスなどによりこの自律神経のバランスが乱れてしまうと、血管の拡張と収縮のシステムが上手くできなくなり、血流が悪くなり体を冷やしてしまいます。

 

3偏った食生活

体温を維持するのに必要なのがビタミンとミネラルです。しかしそれが不足すると基礎体温が落ち、冷え性になってしまうのです。

また白砂糖も体を冷やしてしまうので要注意です。しかしオリゴ糖や黒砂糖は体を温める作用がありますので、お料理で使う砂糖を上白糖から三温糖に変えるのも冷え性対策に効果的です。

甘い物を食べるときは成分表をみて白砂糖が使われていないか確認するようにしましょう。


他にも血行不良や冷たい物の摂りすぎ、湯船につからずシャワーだけで済ませている方も冷え性になりやすいです。

冷え性,不妊



鍼灸治療による血流改善

冷え性の方は血流の巡りが悪くなっています。

当院では骨盤周りにあるツボを多く使い施術していきます。そうすることで子宮内の血流が良くなり、お身体を妊娠しやすい状態へと導きます。

 

妊活中で冷え性があるという方はぜひ鍼灸治療を試してみてくださいね。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院









不妊でお悩みの方はまず温活から始めましょう

2018年05月31日

不妊で悩まれている方はぜひ温活をして身体を温め、赤ちゃんができやすい土台作りをしていきましょう!

多くの女性が冷え性で悩まれていると思います。この体の冷えは不妊と深い関係があります。




平熱が35度〜36度前半の人は要注意です!

 

昭和32年度の日本人の平均体温は36.9度でした。しかし今では36度前半の人やさらには36度を下回るひとも増えています。数十年の間に起こった生活や環境の変化により日本人の体温が0.5〜1.0度近く下がってしまったのです。

体温が低いと病気にかかりやすかったり、老けやすくなったりします。さらには血の巡りが悪くなり、子宮や卵巣の働きも鈍くなるため不妊の要因にも繋がります。



温活は続けることが大切です

 

すぐに冷えを改善するものは残念ながらありません。

温活を毎日の習慣にしてゆっくり長く続けることが大切です。

温活といっても難しいことは1つもありません。ちょっとした日常生活の工夫が温活につながります。



今すぐできる5つの温活

 

1.  足元を温める

足先は体の中で心臓から1番遠い部位にあたり、冷えやすいです。顔はほてっているけど足は冷たかったり、足が冷たくてなかなか寝付けなかったり、という経験はありませんか?それは体が冷えている証拠です。

足先を温めることで、からだ全体を温める事にも繋がりますので、冬だけではなく夏も靴下を履くようにしましょう。



2. 3つの首を温める

足首、手首、首 にはそれぞれに大きな血管がとおっています。この三ヶ所をしっかりと温めることで、血流が効率よく末端まで行き渡ります。



3.  ゆっくりと湯船に浸かる

シャワーだけで済ませて湯船には浸からないという方も少なくないと思います。しかしこれでは体は温まりません。また皮膚が赤くなるくらいの温度のお湯に浸かってすぐに出てしまう…これはNGです。この入浴方法では体の表面しか温まらず、体の芯は温まっていません。体の芯から温めるには、少しぬるいくらいのお湯にゆっくり浸かると効果的です。

温活,不妊,鍼灸

 

4.  体を動かし血のめぐりを良くする

熱を作り出すには筋肉が必要です。日常生活の中でも体を動かして筋力をつける意識をしましょう。

運動が苦手という方はストレッチやヨガも効果的です。

筋肉がつくと代謝も上がり、効率よく体の中で熱産生が行われるようになります。

 

5.  食べ物から体を温める

アイスクリームや冷たい飲料水は体を一気に冷やしてしまいますので要注意。

温かいものを食べたり、唐辛子や生姜など食材そのものから体を温めるのもいいです。また生野菜は体を冷やしますので極力火に通してから食べるようにしましょう。

温活,不妊,鍼灸



血の巡りをよくする鍼灸治療

冷え性の方は血のめぐりが悪いです。鍼灸治療により血流を良くし血のめぐりが良くなります。不妊患者様に対する当院での鍼灸治療は骨盤周りに鍼を多く打ちます。そうすることで骨盤内の血流がよくなり妊娠しやすい状態になります。

不妊,温活,鍼灸



温活は長く継続することが大事です。体の内から温めて冷えに強い体を手に入れましょう。

また当院では不妊患者様への鍼灸治療もおこなっておりますので、いつでもご相談くださいね。

 

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 




電気の美容鍼と普通の美容鍼、一体何が違うのか

2018年05月17日

当院では普通にお顔に鍼をうつ「美容鍼」と、さらにお顔に電気を流す「パルス美容鍼」の2種類のメニューがございます。パルス美容鍼のほうがより効果が高いのですが、普通の美容鍼となにが違うのかご説明いたします。



電気を流すパルス美容鍼とは

普通の美容鍼は鍼をうって真皮層にアプローチをし、コラーゲン等の産生を促して肌質から上げていくことが治療目的です。

そこにさらに電気を流してしっかりとお顔を動かしていくのがパルス美容鍼の特徴です。

初めは「なんか痛そう」と敬遠されていた方も、実際受けてみると多くの方が「なんだかクセになる」「痛くなかった」と次回もパルス美容鍼でご予約を取っていかれます。

 

パルス美容鍼の効果

 

表情に乏しい日本人は、お顔にある表情筋の約20パーセントほどしか日常生活で使っていないと言われています。

すると残りの普段の生活では使わない約80パーセントの筋肉はどんどんと衰えてきてしまうのです。

10代のころは使っていなくてもお肌に潤いやハリがございますので気になりませんが、20歳を過ぎるとお肌の老化が始まりますので、どんどんたるんできてしまいます。

そこで普段使えていない筋肉をしっかりと動かすことができるのがパルス美容鍼の魅力です!

美容鍼による肌質の向上と、電気刺激によるたるんできた筋肉の引き上げという二つの効果が期待できるのがパルス美容鍼です(^^)/

美容鍼,電気,違い





残念ながら電気の刺激が苦手という方は合わないかもしれませんが、そうでない方はぜひ一度パルス美容鍼を試してくださいね!

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

不妊にはエストロゲンが深く関係しています

2018年04月23日

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは不妊治療と切っても切れない深い関係をもっているホルモンです。
今回はエストロゲンについて説明していきます。

卵胞ホルモンとも言われるこのホルモンは、美肌や健康を与えてくれる以外にも、妊娠を待ち望む方達にとってはなくてはならない存在です。

不妊,エストロゲン

エストロゲンとは?

エストロゲンには主に、エストロン、エストラジオール、エストリオールといった3つの成分が含まれています。この中で1番多く含まれているのが、卵巣から分泌されるエストラジオールです。またエストラジオールは、血液検査での評価対象にもなります。

 

エストロゲンの働きとは?

エストロゲンは女性らしいお体を作り出すホルモンです。
妊娠という観点でみると以下の働きがあります。

・ 卵胞の成熟を促進させる
・ 子宮内膜を肥厚させ、着床しやすい環境を整える
・ 頸管粘液の分泌を促し、精子の侵入をサポートする
・ 妊娠中に分泌量が増加し、乳腺を発達させ産後の母乳生成を促す

エストロゲンと同様の性ホルモンであるテストステロン(男性ホルモン)は、アロマターゼ酵素によって一部がエストロゲンへと変換さるため、男性でもエストロゲンが一定量存在します。しかしアロマターゼ活性が高ければ血中エストロゲン量が増加し、肥満になるだけでなく精子の数も少なくなってしまいます。
それに伴い性欲減退や勃起障害も引き起こすことがわかっています。

正常値は以下の通りです。

エストラジオール値を測定
<女性>
エストロゲン(エストラジオール)
卵胞期…25〜195
排卵期…66〜411
黄体期…40〜261
閉経後…10〜40

*単位はpg/mL
数値が高い場合以下の疾患である可能性があります。
・先天性副腎酵素欠損症エストロゲン産生腫瘍

検査値が低い場合、下記の疾患が疑われます。
・卵巣機能不全
・下垂体機能低下症

 

不妊治療薬としてのエストロゲン

卵巣機能が低下してしまうとエストロゲンの分泌も低下します。すると卵胞の発育低下を招くだけではなく、子宮内膜を厚くすることができなくなり受精しても受精卵の着床を妨げることになるのです。
このような場合は体内で不足しているエストロゲンを外から補充することで、妊娠に最適な環境を整える治療がございます。
エストロゲンを補充するための製剤は多様で、経口剤や注射剤、そして貼付剤と異なる剤型が多く存在します。

 

不妊に対する鍼灸治療の効果

エストロゲンがうまく分泌できない場合はまず、お体の状態を整えていくことが必要です。

鍼灸治療をすることでお体の調子が整い、妊娠しやすいお体へと導きます。また鍼灸治療は副作用がないため、人工授精や体外受精との併用も可能です。

不妊,エストロゲン

 

当院では妊娠希望者さまへの鍼灸治療も行っております。気になることがお気軽にご相談くださいね。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

どれくらい通えばいいのか、美容鍼の持続効果は?

2018年04月10日

美容鍼やってみたいけど、どれくらいの持続効果があるかわからない…そんな方も少なくないはずです。

今回は持続効果についてご説明いたします。

 

 

最初の1ヶ月目は週1回、お悩みの改善がみられればメンテナンスとして月1回くらいで通って頂いてます

 

美容鍼の持続効果は「三歩進んで二歩下がる」です。

最初の治療では数日から1週間ほどしか持ちませんが、何回か繰り返して治療するとその間隔が少しずつ長くなっていきます。

美容鍼は継続して受けていただくことがとても重要で、特に初めの1ヶ月目の間隔をつめて来院頂いた方が症状が改善されやすいです。

当院では美容鍼の効果をできるだけ長く維持するめにも、1ヶ月目を1週間に1回、2ヶ月目以降は10日〜2週間に1回、とお肌の状態をみていきながら徐々に間隔をあけていきます。

症状が改善されてもずっとそのままにしていると前の状態に戻ってしまいますので、メンテナンスとして月に1、2回来院頂いております。

美容鍼,持続効果

 

美容鍼の効果を持続させるためにはセルフケアも重要です

いくら美容鍼で肌質を上げたとしても、日常生活でのセルフケアを怠っていては意味がありません。

睡眠時間が不足しているとお肌のターンオーバーが正常にサイクルしなくなり肌荒れの原因になりますし、偏った食事や糖質の過剰摂取はお体を冷やし血流が悪くなってしまいます。

美容鍼の効果を少しでも長く持続させるためには良質な睡眠を取り、バランスの良い食事を心がけてください。

夜更かししないようにしたり、水は常温にしたり、というちょっとした工夫がとても大切です。

美容鍼,持続効果

 

 

少しずつではありますが肌質から変えることができるのが美容鍼の魅力です。

根本からお肌を変えていきたい という方はぜひ美容鍼をお試しくださいね。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

1 2 3 4 50

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop