お知らせ

不妊治療は信頼できる鍼灸師と

2017年10月15日

~不妊治療は信頼できる鍼灸師と二人三脚で~

 

子宝を望むものの、なかなか朗報が得られず、不妊クリニックで人工授精や体外受精を試みても結果がでなかった方が、整骨院の施術を受けながら基礎体温を上げる努力をしたら、妊娠できたというケースが多く見られます。

 

卵巣や子宮まわりの血流を上げる

 

西洋医学では部位別に治療をするため、メンタルな面は置き去りにされやすいものですが、心と体はつながっており、子どもが欲しいとあせればあせるほど妊娠しにくくなる場合があります。

 

妊娠力を上げるには、信頼できる鍼灸師と二人三脚で取り組むのが効果的です。

女性ホルモンが分泌される卵巣と受精卵をはぐくむ子宮のまわりの血流を上げて、女性ホルモンの分泌を安定させることが、まず第一です。

薬による治療のみでは、どうしても体を冷やしてしまいます。

 

気の流れをよくすると妊娠力は上がる

 

東洋医学では、気と血と水が体内でうまく循環することで、健康が保たれると考えられています。

全ての不調は、このうちのどれかの過不足や滞りが原因とみなし、どんな病気もまずは体全体の気と血と水の流れを整えることから始めます。

気とは体の中をめぐっている生命エネルギーのことですが、全ての活動のもととなり、血液や水分をめぐらせて、新陳代謝を高めてくれます。

 

当整骨院の鍼灸施術では足の経絡にお灸をすえて、体内の気と血と水のめぐりをよくして赤ちゃんが授かりやすい体にしていきます。

 

自分で足の裏のツボ「湧泉(ゆうせん)」を毎日押してみましょう

 

足の裏は多くのツボが集まっていますが、「湧泉」は名前の通り生命エネルギーが湧き出ると言われるツボです。

特に女性の冷え性や生理不順、生理痛などに効果的です。

ツボ押しは一見遠回りのようですが、不妊の原因には冷え性や生理にまつわるトラブルが関係していることが多いので、習慣的なセルフケアは体質改善に効果があります。

 

・湧泉の押し方

足の人差し指と中指の間の延長線上で足首を曲げるとへこむあたりにあります。

ここを両手の親指の腹で押します。

足の裏には気をめぐらすツボが集中ているので、湧泉にこだわらず痛いところを押すと、コリがとれて体全体の気のめぐりがよくなります。

 

まとめ

 

昔から子供は授かりものといいます。「欲しい、欲しい」と思うあせりは禁物です。

まずは、自分の体の気のめぐりをよくして、卵巣や子宮を良好な状態に保つことから始めましょう。

鍼灸院で定期的に施術を受けながら、ウオーキングなど気軽にできる運動を生活に取り入れて体質を改善すると、妊娠の確率が高くなります。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

肩こりを悪化させないためのセルフケア

2017年10月13日

肩こりの原因のほとんどは日常の生活習慣にあり、悪い習慣を取り除くことが、肩こりを悪化させないセルフケアにつながります。

普通の肩こりは、押したり揉んだりすると気持がよく、すっきりしますが、慢性的な血行不良になると、マッサージをしてもお風呂に入っても、なかなかコリは解消されません。

我慢していると、眼精疲労や吐き気、頭痛などを伴うこともあります。

しっかりとご自身にあったセルフケアを身につけましょう。

 

同じ姿勢をとり続けていませんか?

 

・デスクワークが多く、常に猫背気味でパソコン作業をしていたり、メガネが合っていないため、いつも目を細めて画面を見るクセがあると、肩はこりやすくなります。

 

・赤ちゃんを抱っこするときに同じ肩で支えたり、ショルダーバッグを同じ方向にかけても肩がこります。

 

・ゴルフやテニス、野球などを趣味でやっている場合、メンテナンスも怠りがちになりやすく、肩を使いすぎてコリが生じることがあります。

 

睡眠不足ではありませんか?

 

体のコリをとるにはぐっすり眠るのが一番なのですが、布団に入ってもぐっすり眠れなかったり、途中で何度も目が覚めるのは、軽い睡眠障害があるかも知れません。

肩がこっているから熟睡できないのか、熟睡できないから肩がこるのかどちらが原因かは言い切れませんが、肩こりと睡眠障害は相関関係があることは確かです。

 

枕は高すぎないか、敷布団やマットが柔らかすぎないか、パジャマがきつ過ぎないかなど寝具の点検をしましょう。

入浴後の軽いストレッチや、寝る前のホットミルクなども入眠を誘います。

 

姿勢が悪くないですか?

 

姿勢が悪いと、肩や首、腕、腰などの部分の血のめぐりが悪くなってしまいます。

全身を鏡に映して、左右どちらかの肩が下がっていないか、猫背になっていないかなどをチェックして、歪みを正しましょう。

・姿勢を改善するためのストレッチ

 

①足を肩幅くらいに開いて立ち、両手を頭の後ろにあて、ゆっくり前に倒し、背面を伸ばします。

 

②姿勢を元に戻し両手を上げてバンザイの形にして背伸びをします。

 

③両手のひらを頭の上で組み、左右に倒します。

 

ストレスがたまっていませんか?

 

性格によってストレスを感じやすい人とそうでもない人がいますが、小さな悩みも考えれば考えるほど大きな悩みとなり、ストレスも大きくなります。

体を動かすと一時的に悩みを忘れることができます。

ウオーキングやジョギング、ヨガや水泳などの運動を生活の中に取り入れると、肩こりとストレスの両方が解消できます。

 

まとめ

「普段何気なくしていることが肩こりにつながっていた」という方もおられるのではないでしょうか。

この機会に、自分の生活習慣を見直し、肩こり知らずの身体を手に入れて下さいね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

腰痛の原因はO脚から?

2017年10月13日

~腰痛の原因はO脚?~

 

日本人の約8割がO脚気味と言われています。

O脚だと、立った時に両方の足の内側がくっつきません。

「遺伝だから仕方がない」という人もいますが、ほとんどは後天的なもので、日常生活の姿勢の悪さや、外反母趾や偏平足などでバランスが悪いためにO脚になるようです。 

 

O脚だから腰痛になるのか腰痛だからO脚になるのか?

 

両脚をそろえて立ち、太もも、ひざ、ふくらはぎがすべてくっつかない場合は、O脚です。

O脚の人は、歩く姿勢が悪いため、腰痛になりやすいといえます。

女性の場合、お産をすると骨盤が開き、O脚になりやすい傾向がありますが、男女とも高齢になると体幹力が衰え、O脚になりがちです。

 

体はつながっているので、整骨院で骨盤、股関節、ひざ関節、足関節などの歪みを総合的に施術しながら、自分でもセルフケアをおこなうと、年齢に関係なくO脚は改善することができます。

 

温熱療法について

 

腰痛とO脚はセットのようなものなので、まずは腰回りの筋肉の緊張をほぐすことが大事です。

患部を温めることによって、血管が拡張して血液の流れがよくなり、筋肉の緊張が和らいできます。

ゆっくり温めることで、腰回りの筋肉や靭帯のスチレッチ効果が高まり、継続することで腰痛もO脚も改善されます。

 

O脚を自分で治すには?

 

・正座をする

普通に畳の上で正座ができない人は、お風呂の中で正座をおこなってみましょう。

O脚も腰痛も同時に改善できます。

しかし、熱いお風呂に長くつかるのは心臓に負担がかかるので気をつけて下さい。

 

・片足立ちでバランス力を鍛える

いきなり片足で立てない場合はイスなどを持っておこない、慣れたら何も持たずにおこないます。

 

・ひざに本を挟んで屈伸運動をする

タオルや本などをひざに挟み、屈伸運動を10回ほどくり返します。

 

腰痛予防に摂りたい栄養素は?

 

骨粗しょう症が原因の腰痛なら、カルシウムを含むイワシやヒジキ、牛乳や、マグネシウムを含む昆布や落花生、良質なたんぱく質を含む魚や肉、卵、大豆製品などやビタミン類は各種野菜や果物からを含む野菜類、主食のパンやご飯などの糖質をバランスよく食べることです。

腰痛予防に限らず、何かひとつを食べると体の不調が改善するというような食材はありません。どの栄養成分も摂り過ぎは返って体に害を与えてしまうこともあります。

 

まとめ

 

慢性的な腰痛もO脚も、血や気の流れが滞っているからです。

整骨院で適切な施術を受けながら、家庭でも無理のない程度のストレッチをおこなうと、血流がよくなります。血流がよくなると、気の流れもよくなり気持も前向きになります。

体の不調はあきらめずに治しましょう。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

くすみのない美肌の作り方とは

2017年10月09日

透明感のあるくすみのない美しい美肌には、女性なら誰もがあこがれます。
肌のくすみの原因のほとんどは、角質肥厚と血行不良です。
年齢とともに角質が厚くなり、透明感が失われていくのはある程度仕方がないことですが、お手入れの仕方や食材の摂り方次第で、顔のトーンを明るくすることも可能です。
今回は自分でできる、くすみのない美肌を作る方法について紹介します。
 

肌の角質を取るのはピーリングがおすすめです。

 

角質層は黒っぽいので、角質層が厚くなると肌はくすんで見えます。

角質を落とす作用があるピーリング石鹸で1週間に1度くらい洗顔すると、角質がはがれて透明感がよみがえってきます。

肌の弱い人は、いつも使っている石鹸を泡立てて、砂糖を少し加えて洗うと、砂糖の粒子が適度に肌を刺激して、角質を除去することができます。

また、ひじやひざ、かかとなどは粗塩を少し加えて洗うと、砂糖よりも粒子が荒いため、厚い角質もはがれやすくなります。

 

透明感のある美肌のためにビタミン類を摂りましょう

 

くすまない肌を作るには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、この3つが特に重要と言われています。

・ビタミンAを含む代表的な野菜といえばニンジンですが、ニンジンに含まれるベータカロテンは免疫力を高めて肌の老化を防ぎます。

 

・ビタミンCを含むグレープフルーツは半個で、1日の必要な量が摂取できます。

 

・ビタミンEを含むアボカドは食べる美容液とも言われ、美肌のための強い味方です。

 

血行を良くして老化を遠ざける食材を摂りましょう。

 

顔色がすぐれず、肌荒れが気になるようなら、貧血気味や肝臓の疲れが出ているのかもしれません。

貧血を解消する鉄分を含む食材は、カキや青魚、レバー、ほうれんそうや小松菜、ヒジキなどです。

肝臓の疲れを解消する食材は大豆製品や卵、乳製品、牛サーロイン、豚ロース、マグロなどです。

簡単なツボ押しで血行改善

 

美容液やクリームを塗るときに、肌のクスミをとるツボを押すと血行が促され、クスミ対策になります。

・頬車(きょうしゃ)

フェイスラインの耳の斜め下あたりを左右対称に軽く押します。

 

・魚腰(ぎょよう)

眉毛の中央を左右対称に軽く押します。

 

・球後(きゅうご)

目尻から4分の1の骨のくぼんだ部分を左右対称に軽く押します。

 

まとめ

 

西洋医学や高級化粧品で解消できない肌の悩みも、日々の生活習慣の見直すことで改善することがあります。

肌のくすみを気にされている方は、食べ物の摂り方に気をつけたり、日々の簡単なツボ押しでも肌は徐々に透明感を取り戻しいきますので、ぜひ今日から試してみてくださいね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

ほうれい線の予防と改善方法

2017年10月09日

多くの女性がお悩みのほうれい線ですが、予防し、また改善することが可能です。

 

ほうれい線のできる原因

 

加齢や紫外線の影響、ホルモンバランスの崩れなど様々な原因が重なり合って、ほうれい線は徐々に深くなっていきます。

早い人では30代の後半から頬のタルミが気になり始めますが、この頃からホルモンバランスの変化とともに家事や育児のストレスも重なり、頬の脂肪が下がってきます。

 

ほうれい線を薄くするにはどうすればいいの?

 

一旦できてしまったほうれい線は、化粧品ではなかなか薄くすることはできませんが、鍼治療でほうれい線のツボを刺激して血流を良くすることで、薄くすることができます。

ほうれい線は筋肉のタルミですが、美容鍼でツボを刺激すると筋肉が活性化し、ハリのある口元になります。

美容鍼はピンポイントでほうれい線に働きかけるため、美容効果が高いのが特徴です。

 

生活習慣からくる若年性のほうれい線は自分でも治せる

 

最近では20代~30代の若い人にもほうれい線で悩む人が増えてきました。

それは、極端なダイエットや肌の乾燥によるほうれい線です。

この年代ではまだ、コラーゲンを生成する力があるのでバランスのとれた食事と十分な睡眠をとり、保湿ケアに気をつければ改善できます。

 

40代以降の気になるほうれい線はリンパの流れをよくすることで薄くできる

 

40代から50代にかけては、更年期によるトラブルなどがおこりやすい世代で、ホルモンの変化からコラーゲンが減少し、顔の筋肉が衰えてほうれい線が目立つようになります。

ほうれい線に直接働きかけるよりも、リンパの流れをよくして体内に溜まった老廃物を流すとほうれい線だけでなく全てのタルミの改善に効果があります。

 

 

 

さいごに

 

ほうれい線の予防と改善には、日常の生活習慣を見直すことも大切です。

いろいろ試してみたけど、やはりほうれい線が気になるようなら、美容鍼の施術も

非常に効果的です。お気軽にご相談くださいね。

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop