お知らせ

原因のわからない不妊には東洋医学でアプローチ

2019年02月18日

東洋医学ではひとりひとりの「体質」を見極め、それに合わせた不妊治療を行います。そのため、原因の分からない不妊にも対処できるのが東洋医学のメリットです。



不妊に対する鍼灸治療とは



近年、鍼灸や漢方などといった東洋医学の考え方が注目されており、不妊治療でも例外ではなくなっています。
西洋医学がホルモン注射や臓器に直接作用させるものが中心なのに対して、東洋医学である鍼灸はホルモンの調子を調整して妊娠しやすい体作りをしていくことが目的です。

特に体の冷えを改善し自律神経を正常にすることは、排卵が正常に行われなかったり、受精してもちゃんと着床しない方に大変効果的です。

ホルモンバランスを整えることによって、月1回の排卵が正常に行われ、人工授精を行う人にも効果が上がると言われています。
また冷えに対する鍼灸治療の効果は高く、人によっては鍼灸の治療後にすぐぽかぽか体が温まってくるとおっしゃる方もおられます。

血行がよくなると体のすみずみまで栄養素が届くようになり、子宮や卵巣などの妊娠にかかわる臓器が温まり、さらに新陳代謝を活発になるので、不妊改善効果が期待できるのです。

不妊,東洋医学




鍼灸にはリラックス効果もあります



妊活や不妊治療中はストレスや不安が常にあり、こうしたストレスがさらに不妊を悪化させてしまいます。

鍼灸にはリラックス効果があり、さらにストレス耐性を高める効果もあります。

当院でも鍼灸治療による不妊治療を行っております。不妊に悩んでいる方はぜひ鍼灸治療をお試しください。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

 

 

ウォーキングから始める不妊治療

2019年02月18日

不妊で悩んでおられる方で、もし日常的に体をあまり動かしておられなければ、まずはウォーキングを始められるのはいかがでしょう。



ウォーキングには、不妊体質の改善にとって3つの良い効果があります。

1、全身の血流が良くなって冷えの解消になる

2、子宮や卵巣の状態の向上

3、ストレス解消・気分転換になる

 

ぜひ今日からウォーキングを行いましょう!



血流が良くなって、冷えの改善に

 

不妊でお悩みの方は、冷え症の人が多いのです。

赤ちゃんを授かりやすい身体にするために、積極的に冷え性を改善していきましょう。

どうしてウォーキングが血流改善に良いのか、それは、下半身には全身の筋肉の約半分が集中していて、歩くときに、ふくらはぎなどの筋肉が、締まったりゆるんだりしています。

それが、ポンプの役割になり血液を心臓に戻す手助けをしているのです。ふくらはぎが「第二の心臓」といわれるのはそのためです。

したがってウォーキングをすることで下半身の筋肉が活発に動き、全身の血の巡りが良くなるのです。

不妊,ウォーキング

 

子宮の状態が良くなるだけでなく、質のいい卵子が増えます

 

ウォーキングにより血流が良くなると子宮への血流も良くなります。子宮の状態が良くなると子宮内膜が厚くなり、卵子が着床しやすくなります。

子宮と同様に全身の血の巡りが良くなると卵巣の血液量も増えます。卵巣の状態が良くなると質のいい卵子が出てくる機会が増えます。

不妊,ウォーキング


ストレス解消、気分転換に!

 

実は東洋医学的にもウォーキングはおすすめです。イライラしてる方は気(エネルギーのようなもの)が上昇していると考えます。歩くと昇った気を引き降ろす作用があります。

ストレスなどでイライラしやすい方は歩いて気を降ろして、循環させるようにしましょう。

気が昇りっぱなしで滞ってしまうと、妊娠しづらくなってしまいます。ストレスが溜まっている方や、気分転換したい方はぜひウォーキングをして下さい。




さいごに

 

普段運動してない方でもウォーキングなら始めやすいと思います。道具もとくに必要ありませんし、ご自身のペースでおこなうことができるので継続することができます。

1日30分のウォーキングを週に3、4回行うと効果的です。

普段エレベーターを使っているところを階段にしてみたり、一駅分多めに歩いたり、景色を見ながら楽しんだり、義務と感じずにウォーキングを取り入れて下さいね!



当院では鍼灸治療による不妊治療も行っています。

体への負担もかからず、骨盤内の血の巡りをよくし、赤ちゃんが出来やすい体へと導きます。

また体外受精や人工授精との併用も可能ですので、お話だけでも構いませんのでいつでもご相談下さいね。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

肌のくすみを改善し美肌を手に入れる

2019年02月15日

お顔を暗い印象にさせてしまうくすみを解決し美肌をめざしませんか。くすみになる原因は様々です。今回はその原因についてご説明していきます。



くすみの原因とは?

 

①血流が悪いことによるくすみ

こちらが1番くすみの原因の中でも多いです。

お身体が冷えていたり、睡眠不足だったり、便秘気味の方も血流が悪いので、お肌にくすみがでてきてしまいます。



②乾燥によるくすみ

 

お肌が乾燥してしまう原因の約70%は「洗いすぎ」といわれています。
お肌の角質層にある保湿成分は、水で洗っただけでも流れ出てしまいます。洗顔料の使いすぎはお肌に負担をかけてしまい、保湿機能が弱まってしまうので気をつけて下さい。



③メラニンによるくすみ

 

日焼けなどのダメージによってメラニンが大量に生成され、ターンオーバー(お肌の新陳代謝)がスムーズにいかなくなることでもくすみが発生します。

ターンオーバーが正常でないと、古い角質が残りお肌が生まれ変わらず、くすんだ状態となってしまいます。

 

④女性ホルモンによるくすみ

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)はメラニン色素の生成を促す作用があります。肝斑(かんぱん)などの女性特有のしみはこのプロゲステロンが関係しています。プロゲステロンが出る時期はお肌がデリケートですので、入念な紫外線対策が必要です。

 


⑤黄ぐすみ

 

黄ぐすみには『糖化』と『カルボニル化』の2種類があります。

 

●糖化
糖質(=ブドウ糖。ご飯・麺類・砂糖など)の過剰摂取、ストレス、紫外線、喫煙、加齢などが原因です。

糖とたんぱく質が結びついて「糖化生成物」を生成し、体内に蓄積されてお肌を黄色くくすませてしまいます。

 

●カルボニル化
脂質の過剰摂取、紫外線、ストレス、喫煙、加齢などが大きな原因となっています。
脂肪の分解物とたんぱく質が結びついて「終末脂質過酸化産物」を生成し、体内に蓄積されて黄色くくすませてしまいます。



このようにくすみといっても考えられる原因はたくさんありますので、一概にくすみにはこれが効くというものが存在しません。

しかし今説明した5つの原因全てにアプローチできるのが美容鍼です。

鍼を打つことで真皮層に傷がつき免疫細胞が活性化されます。そうすることでヒアルロン酸やコラーゲンが産生されて新しく透明感のあるお肌へと生まれ変わるのです。

美容鍼,くすみ

 

いろいろくすみ対策をしてきたけど効果がイマイチだったという方はぜひ美容鍼を試してみて下さいね!

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院






美容鍼は鍼の本数が多いほうが効果が高いのか

2019年02月15日

今話題の美容鍼ですが、治療院によって鍼の本数は様々です。

本数が多ければ多いほど良いの?など当院に来られる患者さまからもよくご質問を受けます。今回は鍼の本数に関して説明させて頂きます!


美容鍼の鍼数は多いほうが効果が高いのか?

東洋医学は様々な考え方がありますので、鍼灸師によって見解はわかれます。当院では鍼の本数と治療効果は比例しないと考えています。

鍼が入った周辺の真皮層では免疫細胞が活性化されます。免疫細胞が活性化されるとヒアルロン酸やエラスチンが産生されます。ヒアルロン酸やエラスチンが作られることでハリや潤いのあるお肌に生まれ変わります。

肌質から変えていくことが美容鍼治療の目的ですので、多少のお身体への負担はあるかと思います。ですので当院では限られた本数でしっかりと肌質を上げていく治療を心がけております。

また鍼の本数が増えれば増えるほど内出血のリスクも高まります。

内出血や過剰な痛み、お体の負担を最低限に抑えた施術が当院の美容鍼です。

お顔に何百本もの鍼を打つのに抵抗がある方や、最低限の刺激で効果を出したい方は当院の美容鍼をおすすめします。


本数,美容鍼

 

さいごに

多くの本数の鍼がお顔に入った方が満足という方もおられると思います。

先ほども書きましたが東洋医学では様々な考え方があり、美容鍼にもたくさんの施術方法がございます。

ぜひ施術してくださる鍼灸師の考え方や治療方法を聞いて納得のできる治療院をお選びくださいね。

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

美容鍼でニキビを撃退しましょう

2019年02月15日

ニキビがお顔にできると大変目立ちますよね、そんなニキビにも美容鍼が有効です。



大人ニキビと思春期ニキビの2種類があります

ニキビは原因によって大人ニキビと思春期ニキビの二つに分けられます。



大人ニキビ

大人ニキビは男性ホルモン優位になり毛穴に角栓が詰まりやすくなることで起こります。また乾燥によっても、角質のバリア機能が落ちてよりニキビの発生に拍車がかかります。

大人ニキビへの対処にはホルモンバランスを整えることと保湿が重要です。男性ホルモンはストレスが大きく関係しているので、ストレスをため込まないことも大切です。                                                   

思春期ニキビ

思春期のニキビは、未熟な毛穴に皮脂が溜まることでできてしまいます。皮脂量をコントロールすることで予防、治療できるのは、この思春期ニキビの特徴です。脂質を抑えることがこの時期のケアになります。   



二つのニキビに対する美容鍼でのアプローチ

 

*大人ニキビ

大人ニキビは先ほどもお伝えしたように、ストレスにより男性ホルモンが優位になっていることで発生します。ニキビのできている箇所だけに鍼をしても根本的な治療にはなりません。当院ではニキビ周りの鍼による代謝を上げるだけではなく、自律神経の乱れを整えていく治療も一緒に行っていきます。

また睡眠不足も男性ホルモンを活発にさせてしまうので、しっかりと睡眠をとるように心がけて下さいね。



*思春期ニキビ

思春期ニキビは成長ホルモンが活発に行われることで発生します。美容鍼でのアプローチ方法はニキビ周辺に鍼をしっかりうってターンオーバーを上げることです。ターンオーバーが上がることで新しい肌が活発に作られるようになりますので、ニキビが目立たなくなっていきます。

また思春期ニキビは余分な皮脂が詰まっていくことで発生していますので、しっかりと正しい方法で洗顔していくことも大切です。

ニキビ,美容鍼

正しい洗顔方法

 

①しっかりと泡をたてておこなう

泡をたてずに原液のままで洗顔すると肌に負担がかかりますので、むしろ逆効果です。しっかりと泡をたてて洗顔しましょう。

 

②ゴシゴシ洗わない

ゴシゴシ洗っても汚れは落ちません。きめ細かい泡をつくって優しくおしつけるように洗いましょう。そうすることで毛穴の奥にある汚れまで泡が浸透してくれます。

 

③しっかりと泡を洗い流す

泡が残っていることでも肌荒れの原因になりますので、しっかりと洗い流しましょう。

ニキビ,美容鍼





美容鍼は肌質から変えていくことができるので今あるニキビだけではなく、これからできるかもしれないニキビにもアプローチできるのが魅力です。

ぜひニキビでお悩みの方は美容鍼を試してくださいね(^_^)

交通事故の後遺症むちうち・ 鍼灸・巻き爪補正不妊治療・脊椎骨盤矯正・美容鍼小児鍼なら

 

鍼灸施術に実績のある大阪・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 









最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop