お知らせ

子宮脱予防

2015年10月05日

こんにちは。スタッフの小池です。

先日、患者さんと「子宮脱」の話になりました。

知合いに子宮脱の人がいるから、自分もならないように予防したいとのことでした。

 

子宮脱とは、子宮が本来の位置から下がってしまうことです。

子宮が下がって膣内にとどまっている状態を「子宮下垂」、膣から外に出てしまっている状態を「子宮脱」と言います。

出産や加齢、肥満によって骨盤の中にある子宮、膀胱、直腸を支える「骨盤底筋群」の筋力が弱まったり、傷ついたりするとなりやすくなります。

慢性的な便秘や、喘息、重い物を持つ仕事など。腹圧が上昇し、骨盤底に強い負荷がかかる方も注意が必要です。

 

また、子宮だけではなく、膀胱や直腸が下垂する場合もあります。

これらを総称して「骨盤臓器脱」と言います。

 

いずれの場合も、尿失禁や排尿困難、排便困難などの症状をともない、下腹部に違和感や異物感、症状が進行すると膣を触れた時に下垂した臓器が手に触れられるようになります。

しかし、違和感を感じていても恥ずかしくて人に相談できず症状を悪化させてしまうケースが多いようです。

排尿排便障害だけではなく、痛みが悪化したり、感染症のリスクもあるので、違和感を感じたら早めに医療機関に受診してさい。

 

そこで、骨盤底筋群を強化する簡単なトレーニングをご紹介したいと思います。

①仰向けに寝て両膝を立てます。

②膝と膝の間にクッション(あればボール)をはさみます。

③膣または肛門をしめながら膝と膝の間にはさんだクッションに内側に向けて力を入れます。

これを1日1回10セットおこなって下さい。

尿漏れの予防にもなるので、おススメです☆

 

 

公式HP  http://yuko-ltd.com/

Facebook https://www.facebook.com/yuko.takeda.7967 (友達申請して下さいね^^)


交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

☎072-851-8100

 

 

 

月と月のもの

2015年09月29日

こんにちは!スタッフの小池です。

一昨日は中秋の名月。昨日はスーパームーンでしたね。
スーパームーンは普段よりも大きく綺麗な月が見えるということで、2日連続月を楽しむことができました♪

月の満ち欠けと言えば、昔から女性の生理周期や出産なども関係していると言われています。

満月の日は他の日に比べて出産が多いとか・・・他の日に比べて陣痛促進剤の使用が少なくすむとか・・・産婦人科では月の満ち欠けが描かれたカレンダーを使っているところも多いとか言われています。

生理の周期も、満月の頃に排卵して新月の頃に生理が来ることが多い・・・と言われているそうです。

 

ほんまかいな!

 

と思う方も多いでしょうし、実際に私もそう思ってしまったのですが(笑)

海の潮の満ち引きは、月の引力で満潮になったり干潮になったりすると聞いたり、

羊水と海水が似ているから、羊水も月の引力に影響され、出産にも影響すると聞いたり、

ウミガメの産卵も満月の時が一番多いと聞くと、

出産も月の満ち欠けに関係しているのかなと思えてきます。

 

東洋医学でいうと、新月の時に生理が来るのは月が隠れて陰の気が極まっているからだとか。

生理周期が乱れている方は毎日月を見て引力を感じると、だんだん生理周期がととのってくると考える方もいるそうです。

 

医学的に根拠があるわけではないので、おすすめするわけではないのですが、

雑談程度に覚えておいてもらってもいいのかなーと思います(^^)

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

☎072-851-8100

秋のお月見でした

2015年09月28日

こんばんは梅宮です。

みなさん連休はいかがでしたか。

連休明け最初の週末が過ぎました。

カレンダー通りにお休みをいただいた方にとっては

たった数日の仕事でも慣れない体に堪えたのではないでしょうか

接客業の方にとっては平日が始まってホッとしている面もあるかもしれません。

いづれにせよ今年の中盤最長の休みが無事に終わってよかったと思います。

昨日は中秋の名月だったのですね。

患者さんから聞きました。

澄んだ夜空にきれいな丸いお月様がでていました。

本来はここでお月見団子なのでしょう。

京都を歩いていると、いたるところでのぼりを見かけました。

スタッフと話していたんですが、

日本本来の行事はすたれていって、西洋のイベントが日本でも定着してきていると思います。

たとえば2月の節分。

以前はイワシや炒った豆だったのが(大阪では昔からあったそうですが)恵方巻へ切り替わ

り、最近ではロールケーキと恵方巻が合体したものもでているそうです。

そもそも節分よりも圧倒的にチョコレートのブースのほうが力が入っています。

こうしてみんな、美味しいものに切り替わっていくんでしょうね。

 

和菓子が洋菓子に劣るというわけではないのですが、

洋菓子のほうが色味が華やかでお祝いらしい雰囲気が出るからかな。

結局どちらにしても食べ過ぎは良くないのですが、

私はあんこと生クリームがそんなに好きではないので、

クリスマスではケーキよりチキンとか、お惣菜に走ってしまいます。

中秋の名月もお団子よりも、月見で一杯。

すいません、余計なことをいいました。

みなさん、飲みすぎ、食べすぎにはお互い気をつけましょうね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

☎072-851-8100

乳癌の見分け方

2015年09月23日

こんばんは、院長の武田です。

 シルバーウィークで長い連休の最終日、皆さんいかがお過ごしだったでしょうか?

 私事ですが自分は2週前に赤ちゃんが生まれたのでこの連休は子育て奮闘中でした^^;

 

さて個人的にとってもお気に入りの芸能人の北斗昌さん。

 乳癌の告知がありましたね。。。

乳がん告白の北斗晶

 

 本当に人として魅力的な方でファンも非常に多いと思うので是非とも頑張って欲しいですね。

 1年に一度は乳がん検診をおこなってもステージⅢの乳癌発症ですからどうしようもないかも。

 ですがブログで書いているように乳首の位置が左右違っていた事。

 うつ伏せになった際にチクチクとした痛みがあった事。

 引きつり感や違和感を感じていた事。

 全く気がつかなかった訳ではないようです。

 しかし家族歴があったりとか、ある程度の知識がなければ乳癌を疑わないでしょうね。

 そこで自分でも気を付ける乳癌のポイントを書きたいと思います。

 

 ①しこりがある

②くぼみや引きつれがある

③乳頭の凹み、陥没

④乳頭異常分泌がある

⑤乳頭の形に異常が出た

⑥乳房の皮膚に変化がある

 

これらの変化は40~50歳の女性に多いです。

「しこり」は乳房の上部外側(脇側)に50%、上部内側に25%発生するということは

 75%の方が乳頭より上(鎖骨下)で起きやすいと言う事になります。

 40代で乳癌になれば進行も早い場合があるので毎年検診を受けていても

 半年もすれば転移もある癌に成長する事もあるので注意は必要ですね。

ネットからセルフチェックシート見つけてきましたので添付します。

self_chk

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットで簡単の乳がんリスク度チェックのサイトも載せておきます。

乳がんリスク度チェック

 

 最後に北斗昌さんが元気になりますよう心からお祈り致します。

 

公式HP  http://yuko-ltd.com/

Facebook https://www.facebook.com/yuko.takeda.7967 (友達申請して下さいね^^)


交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

☎072-851-8100

 

 

 

皮膚がピリピリ、痛みがでたら

2015年09月15日

こんにちは、梅宮です。

最近季節が進んだように朝晩の温度が落ちました。

日中はそんなに気になりませんが、家にいる時間帯に半袖ではスースーします。

こういう季節の変わり目には体調を崩す方が多いですね、

 

特に思い当たる節がないけど、なんだか体がちくちく、ピリピリする。

 

今月そんな症状が出ている方がおられました。

首だったり、お腹だったり、人によって部位はさまざまです。

初めは違和感をおぼえ、日を追うごとにシビレや痛みに変わっていきます。

そのうち患部に湿疹のような赤みがでてきます。

 

これらの症状が出てきた場合、帯状疱疹(たいじょうほうしん)が疑われます。

帯状疱疹は皮膚上に痛みが出るんですが、原因が神経に潜むウイルスなので

湿布や、クリームを塗っていても改善しません。

そして症状が右側か左側のどちらか片方に出ることが特徴です。

武田にかかっている方も、首やお腹に片側だけ爛れたような痣が出ていたので

皮膚科にかかってもらいました。

 

たいじょうほうしん。

ややこしそうな名前をしていますが、これは誰にでもかかる可能性があります。

体の防衛機能が落ちると発症するもので、

普段より少しだけ寝不足ぎみ。

最近新しい薬を飲み始めた。

仕事が立て込んでいる。

など疲れがたまっている時に起こりやすいです。

年配の方にも起きやすいので、ご家族のなかに似た症状を

訴える方がおられたら一度皮膚科へかかってみましょう。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院
☎072-851-8100

1 26 27 28 29 30 31 32 38

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop