お知らせ

リハビリにも効果が!鍼灸治療の可能性

2017年12月09日

リハビリにも効果が!鍼灸治療の可能性

 

■鍼灸を用いたリハビリをご存知ですか?

 

鍼灸は体の痛みや不調に対して、筋肉や神経に刺激を与えることで体の内側から改善する効果があります。この仕組みはリハビリにも活用されており、WHO(世界保健機関)でも脳梗塞や脳出血などによる後遺症に対して効果があるということが認められているのです。

 

鍼灸のみでの効果だけではなく、鍼灸と理学療法、作業療法を組み合わせることで、それらの効果がより高まると言われています。

 

鍼灸は関節炎や五十肩、また冷え性などに効果があるというのはよく知られていますが、実は神経麻痺や脳卒中後遺症、めまい、不眠、ノイローゼ、ヒステリーなどへの効果もWHOによって認められており、一部の国立大学などではすでに治療の実践が始まっているのですが、これらの効果は一般的にはまだあまり知っている人は多くありません。

 

では、どのような仕組みでこれらの症状へアプローチを行うのでしょうか。

 

■鍼灸とリハビリの関係

 

鍼灸とリハビリとの関係をご説明する上で重要となってくるのは、人の体が動く仕組みについてです。

 

人の体を動かすためには、脳から手足などに向けて神経を通して信号を送り、その信号に筋肉が反応する機能が正常に働く必要があります。鍼灸にはこのような脳と神経のつながりを刺激によって活性化することで、体が動きやすい状態を整える効果があります。

 

また、手足の麻痺などの症状が起きる原因として、筋肉が緊張状態にあり、動かし辛く固まってしまっている場合があります。

 

それに対しては、鍼灸によって筋肉に適度な刺激を与えることで、血行を促進し、緊張をほぐすことで動かしやすくなったり、その他のリハビリやトレーニングを行った際に、効果が現れやすくなったりすることが期待できるのです。

 

また、リハビリと聞くと、ストレッチなどの軽い運動の他に、特殊な器具などを用いて、専用の施設に通って行うイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、鍼灸治療であれば、寝たきりや自力での方向が困難で、専門の施設へ通うことが難しい方にも、訪問も治療が可能な場合があります。

 

リハビリを行う上で一番大切なことは、少しずつでも無理なく継続して行うということです。訪問治療により精神的にも身体的にも負担を減らすことができれば、長く続けやすいと思います。

 

ぜひ、現在リハビリを必要としていらっしゃる方や、周りに必要としている方がいらっしゃる方には、このような方法もあるということを知っておいていただければと思います。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

鍼灸治療を受けた後はどう過ごす?

2017年12月05日

鍼灸治療を受けた後はどう過ごす?

施術後の反応と注意点!

 

■当鍼灸整骨院の針灸メニューで、針の施術を受けた後は、どのように過ごせばよいのか。

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューで針の施術を受けた場合なのですが、改めて変わった事をする必要はありません。普段通りの生活を送っていただいてかまいません。

 

ただ、いきなりこのように言われても、何故大丈夫なのか?何でもしていいのかとか?などの疑問だ出てくると思います。そこで、針灸の針を刺すという施術とはどのようなことかと、どうして心配ないかを説明いたします。

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューでは、針灸で使う針を体に刺しますから、体には細かい傷が出来ますが、当鍼灸整骨院の針灸メニューで使用している針は髪の毛くらいの細さしかありません。だから、針を刺す事によって出来る傷は、あなたの体にほとんど問題ありません。そのため、針灸の施術を受けた後に、お風呂は普通に入ってかまわない、それどころか、プールや公衆浴場なども行ってもかまわないと書いてあるホームページなどもあります。

 

これは、体の針によって出来た傷口が問題ないという意味では、合っているとは思いますが、当鍼灸整骨院の針灸メニューで施術を受けられた人には、あまりお勧め出来ません。それには、2つの大きな理由があります。

 

まず一つ目なのですが、傷口からの病気への感染です。本来は問題ないのですが、わざわざプールや公衆浴場などといった、感染が起こりやすい所に行くのは、控えたほうが良いです。プールとかに行かれるならば、翌日以降にしていただければ、針で出来た小さな傷はふさがっていますので、安心してプールに行く事が出来ます。

 

次に2つ目の理由ですが、これがとても大事なのですが、あなたの体の見えない疲労です。当鍼灸整骨院の針灸メニューで行う針は、良く効きます。良く効くというのは、あなたの体の血行が良くなっているという事です。

 

気分が高揚して感じていないかもしれませんが、あなたの体は疲労しています。当鍼灸整骨院の針灸メニューの施術を受けたお客様が、一晩寝た後に、体に疲れが感じたというのは、このような事が原因なのです。

 

この体が疲れている状態を、あなた自身が感じていない場合がありますので、当鍼灸整骨院の針灸メニューにある施術を受けた場合には、外出や長風呂といった疲れる事は避けていただいて、体をゆっくり休める事をお勧めします。

 

■当鍼灸整骨院の針灸メニューで、お灸の施術を受けた後は、どのように過ごせばよいのか。

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューにあるお灸ですが、これも針と同様なのです。

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューでお灸の施術を受けてもらえば分かりますが、体に効果がある分だけ、疲労がありますので、施術を受けた日はゆっくり体を休めましょう。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

12月入りからお掃除

2017年12月04日

こんにちは!

受付の宇佐見です(*^_^*)

 

もう12月になってしまいましたね

今年も一ヶ月をきりました…

 

年末といえば大掃除ですね

皆さまは始めておられるでしょうか

当院ではスタッフたちで時間を見つけては

ちょこちょこ掃除しています(^◇^)

 

ごっそりほこりが取れたりピカピカになると

スッキリしますね!!

 

皆さまが気持ち良く過ごしていただけるよう

キレイにしていきますね(^v^)

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

 

 

鍼灸治療の効果、費用等の疑問にお答えします

2017年12月03日

鍼灸治療の効果、費用等の疑問にお答えします

 

■当鍼灸整骨院の針灸メニューの施術による痛みやその効果とはどんなものなのか?

 

針灸の施術について、今まで施術を受けた事がない人で、初めて当鍼灸整骨院で針灸のご提案をした時に否定される人がいます。その人達の多くは、針灸に対して、針は痛い、お灸は熱うて火傷をするのではとの不安を持っている場合が多いです。

 

当鍼灸整骨院にある針灸メニューでは、その心配は無用です。針とお灸のそれぞれについて説明します。

 

まず、針についてです。当鍼灸整骨院の針灸メニューで使用している針は、日本製のディスポ針を使用しています。このディスポ針ですが、完全密封された状態で工場から出荷されて、使用する時まで、その状態が続いています。

 

1回使用した針は、そのたびに捨てますし、周辺の器具についても、一人の施術が終るたびに消毒をしてから、次の鍼灸の施術を行います。当鍼灸整骨院の針灸メニューなのですが、衛生面でも何も問題はありません。

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューで使用している針はとても細く、その太さは髪の毛と変わらないほどです。そのため、針を刺されても注射のような痛みは起こりません。それでも痛く感じるようなら、すぐにおっしゃっていただければ、針の場所を変えたりといった対応をしますので、針灸の施術中に気になったら遠慮なくおっしゃってください。

 

次に、お灸についてです。昔のお灸はわざと火傷させて、その治癒過程で、体の機能を向上させることもやっていました。そのため、昔のお灸には火傷の跡が残っている事が多かったです。

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューにあるお灸は、最大の温度が50℃台という低い温度ですので、火傷をする心配はございません。もちろん、ベテランの先生が針灸の施術をしますので、的確にツボを捉えてお灸をしますので、この温度での施術でも、何ら問題はありません。

 

ただ、人によっては、この温度でもきつく感じられる人や、肌が敏感な人もいらっしゃいます。そのような人には別の施術メニューが用意してありますので、ご心配な人は遠慮なく申し出てください。

 

■当鍼灸整骨院の針灸メニューの費用について

 

当鍼灸整骨院の針灸メニューにかかる費用ですが、ご来院されたお客様の状態によって変わります。人によっては健康保険を使って、針灸メニューの施術を受けているお客様もいらっしゃいます。

 

お客様の症状によって、ご提案する施術メニューの内容も変わってきますので、問診の際にお気軽にご相談ください。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

保険の適用範囲は?鍼灸治療と保険の関係

2017年12月01日

保険の適用範囲は?鍼灸治療と保険の関係

 

■鍼灸治療で気になる保険のこと

 

鍼灸治療といえば、大きな病気をきっかけに治療を受けるというよりは、日常的に、体調がなんだか思わしくない時や、悪化を防ぎたい時などに多く用いられています。

 

鍼灸治療1回ごとの治療費はそこまで大きくはないにしても、継続して受けるからこそその積み重ねは大きくなって行きます。そんな時、鍼灸治療も痛みや体調不良に対する治療の一種なのだから、病院と同じように保険が適用されないのか?と考えたことはありませんか?

 

今回はこの、鍼灸治療と保険適用の関係についてご説明したいと思います。

 

■こんな場合には保険が適用する!知ってお得に鍼灸治療

 

鍼灸治療は次のような病気と診断された場合にのみ、健康保険の適用を受けることが可能です。

 

神経痛、急性もしくは慢性的で各関節が晴れて痛むようなリウマチ、腰痛症、ぎっくり腰、肩の関節が痛くて腕が上がらないなどの五十肩、顎から肩や腕にかけて痺れや痛みがある頚腕症候群、むちうちなどの頚椎捻挫後遺症など。

 

しかし注意するべきポイントは、これらの症状が出ただけでは、鍼灸を受けた際に自動的に保険が適用されるわけではないという点です。保険を適用してもらうためには、次のような2通りの手順が必要となります。

 

まず1つ目は、これらの症状がでた際もしくは病院などで診断されたら、鍼灸院にお問い合わせをして、同意書を受け取ります。そして、鍼灸院で受け取った同意書を持って、日頃治療を受けていたり、先に紹介したような症状の診断を出してもらった病院などへ持っていき、必要事項を記入してもらうというものです。

 

2つ目は、同意書の代わりに病名や症状名、発症した日が記入されており、かつその病気の治療のために鍼灸が適していることが明記されている診断書を、鍼灸院に持参するというものです。

 

いずれも、上記の書類と併せて保険証、印鑑も鍼灸院に持っていくようにしましょう。

 

なお、同意書は3ヶ月ごとに再度医師による同意が必要となります。また、ご紹介した方法は一般的なもので、保険の種類などによっては手続き方法が異なったり、適用ができない場合もありますので、まずはお気軽に鍼灸治療院へご相談いただくことをお勧めします。

 

当鍼灸整骨院でも、一部保険適用範囲内の鍼灸治療を受け付けております。鍼灸をできるだけ安く受けたい、治療が長引きそうで費用が不安という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop