お知らせ

卵子の状態、知っていますか???

2016年06月02日

こんにちは!スタッフの小池です。

 

先日、嬉しい報告がありました。

 

妊娠希望で鍼灸の通院をされていた方が妊娠されました!

片方の卵管の閉塞があり、体外授精をされていたのですが残念ながら妊娠につながらず・・・。

着床しやすい体づくりをしたいとのことで通院を開始されました。

 

次の体外受精まで日が浅かったので、体質改善という面では不安もあったのですが、

鍼灸治療を重ねるにつれて脈の状態も良くなっており、

無事に着床することが出来て安心しました。

 

カウンセリングを重ねていくと、

ご本人自身が採卵した卵がどのような状態なのか・・・分割胚か胚盤胞なのか、グレードはどうなのか・・・ということをよく分からない様子だったので、その説明もさせていただきました。

その方の卵の状態は、今回移植した卵も、凍結保存されているものも含めてとても良い状態だったので、

それを知ってもらうことで、より安心して体外受精の日をむかえてもらうことが出来たのではないかなと思っています。

 

疑問に思うことも、通院中のクリニックではなかなか聞く時間がなかったり、

聞ける雰囲気ではないようなことがあるそうです。

そんな時は些細なことでも、いつでもお気軽に相談いただければと思います。

 

鍼の治療で体質改善を目指すのはもちろんですが、

気持ちの面でも一つでも不安を軽くして妊活をしていただきたいと思っています。

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

 

夏の準備、できてる?

2016年05月26日

梅宮です

先週末はお休みをいただきありがとうございます。

おかげさまで無事に身内の結婚式に出ることができました。

新婦が風邪をひいて心配されていましたが、

その分新郎が歌ったり踊ったり

体をはった演出があって会場は大賑わい

スポットライトと親族席からの掛け声も手伝って

最後に外に出ると日がとっぷりと暮れていてびっくりしました。

イベントって時を忘れさせてくれますね。

結婚式自体もとても楽しいですが、

こういう機会がないと身内がなかなか集まれないので

久しぶりに離れた親族にご挨拶ができて安心しました。 

今自分の周りは結婚ラッシュからベビーラッシュになってきていて、

もうしばらくしたら入園やお葬式もぼちぼちあるんだと思います。

年齢に応じて周りの状況もこくこくと移り変わってきて、

こうやって母や祖母と同じように時が流れていくんだと思うと

自分も一生き物の大きなサイクルに入っていることを感じます。

 

世代交代といえば、テレビの長寿番組で知られる「笑点」

こちらもついに大きなかじ取りをしました。

円楽さんから歌丸さん、業界大御所が務めてきた役どころを

今回若手の昇太さんへ引き継がれました。

そしてレギュラー陣も新しくなるそうで今後が楽しみです。

こうして新陳代謝がおきていると、番組がまるで生き物のようですね。

 

夏場は新陳代謝が活発化するのは皆さんご存じだと思います。

 

活発化、と聞くととてもよさそうに見えますが、

バセドウ病などを考えると一概にそうとはいえません。

バセドウ病は、皮膚の代謝や体温を上げるホルモンが常時多く出ています。

それは、本来体を休めないといけない時間でも日中のように体が活性化してしまうので、

エネルギー消費が高く、倦怠感が常にあるといわれています。

 

食べた物を消化をしたり、汗などを分泌して体を一定の環境に保つためには

単にカロリーだけを気にしていてはいけませんよね、

 

そういった体内作業にはビタミンがないと動かないものもあります。

 

われわれ接骨院でも身近な筋肉の動作

これもカルシウムイオンが深く関係しているんです。

なのでカルシウムが足りなくなると、筋肉がおかしな動作をして

結果こむら返りが起きやすくなります。

 

代謝が上がるということは、こうしたビタミンの消費が激しくなり、

夏場の汗によるミネラル分の消失と、

近年の外気温の高さも加わり

体や頭が上手く働かない。

これからの時期によく聞く注意報ですが、

このように自分の食生活が危険を招いている面もあります。

 

夏の予定に合わせてこれからダイエットを計画しているかた、

カロリーや量を減らすだけでなく、ビタミンやミネラル量も気にして食事計画を進めていってくださいね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

季節の変わり目といえば・・・

2016年05月20日

こんにちは!

スタッフの小池です。

 

5月も後半に突入しましたね。

5月の前半は暑い日もありましたが、ここ数日は朝晩が少しひんやりとしていました。

気温の寒暖差が激しいからか、患者さんでも風邪をひく方が多いようです。

 三寒四温とも言いますが、今年は特に3月頃から暖かくなったり寒くなったりの寒暖差がとても激しく感じました。

夏物でも十分過ごせるなと思ったら、次の週には寒くて冬物を引っ張り出してきたり・・・。

 

患者さんに教えてもらったのですが、

「冬の衣替えは早めに、春の衣替えはゆっくりと」

するのが良いそうです。

 

これは、春は寒さが緩んで暖かくなってたからと思って暖房機器を片付けたり、衣替えをしてしまうと、

寒の戻りで急に寒くなることが多いので冬物を片付ける際は急がずゆっくりとしましょうね。

ということらしいです。

 

今年の衣替えは終えてしまった方が多いと思いますが、

来年は暖かくなってきたなと思っても早々にコートやこたつ布団を洗濯したりクリーニングに出さずに、

ゆっくりと衣替えの準備をしていきましょう♪

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

くんくん、、、あれ、いつもと違う臭いがしてる、、

2016年05月13日

梅宮です

5月の2週目に入りました。

GWはいかがでしたか、中には10連休取れた方もいたそうですよ。

今年はお休みが飛びとびだったので、

端から端までお休みが取れた方は少ないと思います。

気温が上がって、お天気だった日もあったので布団を干すことができました。

鼻がぐずぐずして止まらなくなったのは黄砂の影響でしょうか、

もやっとした空が多かったです。

でも暖かく過ごすことができて、よかったです。

暖かい中家で掃除をしていたら結構汗をかいて、

肌着を入れ替えないといけないなあと思ったり。

いやいや、梅雨時期にまた引っ張り出すのは嫌だなあ、

と思いなおしたりで結局服の山は変わりませんでした。

 

そろそろ汗の臭いが気になってきます。

というのも、わたし結構汗っかきで、

年がら年中わきシューを使っているんです。

(あ、わきシューとは、いわゆる制汗剤のことです)

学生時代に夏場は日中に追加使用したり、時に洋服にもかけていました。

今はリセッシュ系があるので白い粉が付着しなくて便利ですね。

 

体臭対策、、、、さてどうしよう、、、

清潔な肌着を日中こまめに替える

ニンニクや、動物系油脂等をとるのを控える

便秘に気を付ける

 

ちなみに汗をかかなくする、という選択肢はだめです。

発汗とは体温調節をするための体の大事な機能なので、

これを止めてしまっては便秘になるのに等しいのです。

 

むしろ、汗はどんどんかいていく方が体内の不要物も流れて行って、

体の中の臭い物質が出ていくので健康的です。

 

基本的に発汗による体臭というのは、

汗そのものが臭うものと、

汗により衣類や皮膚表面にいる細菌が増殖して出す臭いに分けられます。

多くは後者なのですが、

遺伝的にアポクリン腺が発達していると汗に臭いを含んだり、

体がとある状態になると発生する、特定の体臭というものもあります。

最近体臭が気になっていて、もし健康診断での数値や、

日ごろの生活習慣で引っかかっている方は

一度これらの原因を疑ってもいいかもしれません。

 

甘酸っぱい臭いの汗……糖尿病では体内にケトン体という物質が増えるため、ケトン体特有の甘酸っぱい体臭がします。

尿臭……腎機能低下が起こってくると、本来排泄されないといけない物質が腎臓でろ過されずに体内をめぐることになります。そのため体臭がおしっこの臭いに近くなります。

魚臭い臭い、どぶのような臭い……肝臓機能低下が起こってくると、食べた物を消化する際発生する臭い物質を肝臓が分解しきれずに体内にのこり、汗などと一緒に出てきます。

卵の腐敗臭……消化器官の炎症、機能低下により消化不良が起こります。その際発生する臭い物質が卵の腐敗臭をするので、血中にその物質が流れ出し体臭として出現します。

 

体の中の警報は痛みとして出現しないものもあって、

日常の意外な面から病気がみつかることもあります。

この体臭に関しては極端かもしれませんが、参考までに調べてみました。

今日最高気温が京都29℃でした。

これからは汗対策だけでなく熱中症も視野に入れていかないといけませんね。

みなさんも、暑い時期に向けて体を慣らしていきましょう。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

五月病になるその前に!

2016年04月26日

こんにちは。スタッフの小池です。

 気づけば4月も最後の週となりました。

4月から新生活が始まった方はまだまだ慣れない環境で頑張っているところだと思います。

 

私も、十数年前に高校を卒業して北海道を離れ京都で一人暮らしをはじめました。

慣れない気候や新しい環境、早口で聞き取れない関西弁や新たな人間関係などなどなどなど・・・・・知らず知らずストレスがたまったのだと思うのですが、

大きな病気はありませんが体調を崩すことが多くなりました。

顔中にニキビが出るし(数えたら40個軽くをこえたので途中でやめました)、アトピーで全身がさがさ。

胃はシクシクするし、激太りと激やせで月経不順になったり、疲れやすく気持ちがふさぎがちだったりと。いわゆる、不定愁訴に悩み続けました。

病院に行っても、『ストレスですね』と言われて薬を出されて終わり。

そんな不定愁訴をどうにかしたい!と思ったのも、鍼灸師を目指した大きなきっかけの一つです。

 

 

5月に入ると『5月病』と言われるように、不調を訴える方が多くなります。

これは、4月の新生活へで緊張感で交感神経が高まる日々が一段落したうえに、5月の連休で気持ちが一気にリラックスモードになり副交感神経へスイッチが切替るので、

連休明けの仕事や学校などが余計に辛くなり心のバランスが崩れやすくなるそうです。

 

また東洋医学では、春は『肝』に属しており、感情は『怒』、能力は『生』です。

生は草木に例えると、命が芽吹いてどんどん伸びていく能力です。

伸びていく能力が十分に機能せず抑圧されたり発散されないと、

肝気が鬱屈しイライラしやすかったり、逆に落ち込んだりと不安定になると言われています。

 

そんな精神的に不安定になりやすいこの時期におすすめの食べ物が肝の働きを助けてくれる『酢』です。

また、冬の間にため込んだ不要なものを排出してくれる解毒作用のある食べ物もおススメです。

ウドやタケノコ、ふきのとうなど。春の野菜は解毒作用があると言われています。ウドの酢みそ和えは理に適っているということですね。

 

ツボでいうと、肝経の『太衝』もおススメです。

足の親指と人さし指の間をたどっていって止まる所なのですが、肝経が滞っていると押すと痛いです。人によっては激痛です。

 

それでも、体がスッキリしないなーという方は一度ご相談ください。

体の不調を少なく、不定愁訴の少ない体づくりを目指しましょう!

 

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

1 27 28 29 30 31 32 33 50

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop