お知らせ

漢方薬、保険適用!

2016年03月23日

梅宮です。

日中はそこそこ暖かいですが、朝晩は何かしっかりした上着がほしい寒さです。

この前の連休でごつい冬ものを洗っておいて。

ちゃくちゃくと片付ける段取りをしていたんですが、何枚かレギュラー入りに戻ってしまいました。

ただ外が寒い、というだけでなく私は寒がりです。

さすがに今ホッカイロはいりませんが、手足も冷え症ぎみです。

この仕事ってよく動きますし、それなりに全身の筋肉がついてきます。

自分でも不思議なんですが、同年代よりも代謝は良い方だとおもっています。

でも、それなのに仕事から1歩離れると、とたんに手足がキンキンになってしまう。

女性は冷えの生き物だ。

となにかで聞いたことがありますが。

最近はこの言葉に納得してきています。

年配のかたで逆にいつも手足がぽっかぽかの人もおりますが、

これは年齢とともに動脈の中の筋肉がゆるんできて、

本来は体熱が下がらないように手足の血管がきゅっと縮まる作用が

鈍くなっているのかもしれません。

血流を変化せさるホルモンも影響しているのかもしれませんね。

 

さて、

風邪をひいたり、花粉症になる。

それはなにかしら生活に支障がある症状がでている、ということです。

たとえば、咳、鼻水、発熱、下痢。

花粉症の原因物質はご存じ植物の花粉です。

では花粉にまみれた人は全員花粉になるのか。

ではもれなく花粉症になった人は全員鼻水がでるのか。

これもご存じのとおり、NO です。

風邪の菌に接触しても、

元気元気で侵入してきたウイルスに打ち勝てるひとがいる一方で、

最近残業続きで、睡眠食事をしっかり取れていなかったひとは

風邪にかかってしまうかもしれません。

 

さて、漢方薬では単に症状を抑える目的だけでは処方されません。

たとえば咳がでている人の薬を選ぶ場合、

体が冷えやすい体質か、のぼせやすい体質か。

それらによって処方される漢方薬は変わってきます。

胃腸が弱い、肌が汗をかきやすい、肌が乾燥しやすい…。

こういった、もともと持っている体質を考慮にいれて処方します。

それは咳などの症状を止めるだけでなく、体質改善が目的となっているからです。

植物でいえば、生えている土壌から治していくのが漢方薬の考え方ですね。

 

生薬を刻み、決められた配合を合わせたものを精製水で抽出し、

濃縮乾燥したものが今病院や薬局で渡される漢方薬です。

 

原料が植物由来のものがほとんどなので

西洋薬とくらべて効果が穏やかで、多角的に作用します。

なので気になる副作用は…西洋薬よりも強くないことが多いです。

漢方薬の保険適用も病院によっては増えてきているとのこと。

日本では148種類の漢方エキス製剤(うち軟膏が1種類)が健康保険の適応となっていて、ほとんどの病気や症状に対応できるそうです。

特に、慢性的にお薬を摂取されている方は、体の負担を考えて

効果の穏やかな漢方薬をとりいれてみてもいいかもしれませんね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

不妊治療の保険解禁!・・・でも

2016年03月15日

こんにちは。スタッフの小池です。

前回、ジカ熱の話を書きましたが、また日本での感染が発見されたみたいですね。

流行地域から帰国した30代の女性ということで、妊娠の有無は発表されていませんが妊娠されていたら・・・・と考えると産まれてくる子どもに水頭症のリスクがあるの心配です。

現在は、蚊の繁殖時期ではないの国内での流行の恐れはないとのことですが、

この先、暖かくなって蚊の繁殖シーズンになった時に国内での感染がどうなるのか・・・・

2年前に同じく蚊を媒体としたデング熱が世間をにぎわせました。

その時は70年ぶりに国内でデング熱の感染者が確認され、蚊を媒体として計160人にも感染したそうです。

幸い、昨年のデング熱の感染者はみられなかったそうですが、同じことがジカ熱でもおこったらと思うと怖いですね。

 

 

話は変わりますが、遅くとも来月中には不妊治療に対する保険商品が解禁されるそうです。

がん特約や、三大疾病特約、女性疾患特約のように不妊治療特約というかたちで、保険加入後に子どもが出来ず不妊治療を必要とする場合に金額が支払われるそうです。

確かに、不妊治療の中でも体外授精など高度生殖医療になると保険外になり、体外授精では一回あたり数十万かかると言われています。

自治体からの助成があるとは言え、回数も年齢制限もあるうえに、一部しか補償されないので、

将来、子どもが出来るか不安、そろそろ不妊治療をはじめようかな・・・という方には朗報かもしれません。

 

ただ、高度生殖医療は実費治療になるのでクリニックや治療内容によって金額にバラつきがあり、どのような保障内容にするのか、どのような商品にするのか議論が必要と言われているそうです。

 

31歳、出産経験なしの自分は加入するか・・・・・と考えてみたのですが、月々の負担額と保障内容を比べた上でお財布と要相談です。難しいですね。

民間の医療保険を解禁するより、保険適用の範囲を広げてくれたら良いのに!と思いました。

そう感じる方も多いのでは??

 

ちなみに。

不妊治療をされている方は、民間の医療保険に加入時に告知義務が必要となり、保険の種類によっては、加入出来なかったり、婦人科疾患だけ保障の対象外になることが多いそうです。

不妊治療を検討の方で医療保険の加入をお考えの方は、先に医療保険に加入してから不妊治療の通院をはじめることをおすすめします。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

シーズン到来、見えないところで蠢くやつら

2016年03月10日

おはようございます、梅宮です。

朝から空がうす暗くもやっとしていました。

雨の予報は明日からで、降水確率はとても低いのに

朝出てくる時に傘を持たなくていいのか不安になりました。

今年も黄砂と花粉の嵐が上陸してきましたね。

 

私は花粉症のなかでも症状が軽い方で、お薬を飲まないとどうこうとまではなりませんが

今日は外に出ると目元がじわっとあふれてきて、時にくしゃみがでてきます。

もっと苦しんでいる方も多いと思います。

 

国民病ともなりつつある花粉症。

こんなにも日本人が苦しめられている杉の木は日本以外ではどこにあるかご存じですか。

 

ウィキによると杉は世界的に日本と中国の一部だけにあるそうです。

こんなにも身近な杉の木が海外ではそんなに植わっていないなんて

とっても意外でした。

なので、国外へ脱出するというのも花粉症の治療法としてアリ、なのです。

これを転地療養といいます。

 

花粉症とは、抗原抗体の過剰反応によるアレルギー反応です。

白血球の一種、リンパ球が体外から入ってきた花粉を異物と感知して

外へ追い出そうとする一連の反応が鼻水、くしゃみなどの花粉症症状を引きだします。

 

① リンパ球が異物情報をキャッチし、

 

② その情報を肥満細胞に伝える

肥満細胞はいくつもの化学伝達物質を持っていて、

 

③ 聞かされた異物に対して、最適な化学物質をだす

花粉症の場合、多くはヒスタミンという化学物質をだします

 

④ ヒスタミンは鼻水、くしゃみ、目のうるみ等の身体症状をひきおこし

結果的には体内に入ってきた花粉を外へ排出させます。

 

花粉症に効く薬にはこのヒスタミンの働きを抑える作用があり、

抗ヒスタミン薬と記載されています。

 

この抗ヒスタミン薬……

眠くなりやすくて日中やお仕事中には、とても使いづらいと思います…

 

というのも、ヒスタミンには脳の覚醒作用があるからです。

今は眠くなりにくい薬も出てきているそうですが、

以前風邪薬として使ったときは

授業中とても眠くてねむくて、これは睡眠薬ではないかと思ったことがあります。

 

さて、花粉症ですが、

東洋医学による漢方薬ではどのような考え方をするのでしょうか。

漢方薬ってからだにやさしいイメージがありませんか、

自然に生えている草花を原料にしていて副作用もなさそう…

実際のところどうなのでしょう。

次回はそれらをわかりやすくご説明できたらと思います。

 

あ、ちなみに今回のアレルギー反応に出てきた「肥満細胞」は

脂肪細胞とは全く違うのでご注意ください。

肥満と書きますが、

免疫系の細胞のなかでは比較的見た目がぶよっしているため

そう名づけられたものです。

私も学生のころ勘違いしていましたが

肥えている人に多く存在している、とか、

太っているからアレルギー反応が強くでる、というわけではないんです。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

ジカ熱ってどんな熱??

2016年02月29日

 こんにちは。スタッフの小池です。

今年は閏年で、今日は4年に1度の2月29日。

某焼肉屋さんでは、4年に1度の肉の日(29日。ニクの日)という事で、290円で29品食べ放題!だそうです。すごい!!

他にも探したらいろいろ29日を楽しむイベントがあるみたいです。

 

 

さて、前回は梅毒の話をしたので今回も同じ感染症の話をしたいと思います。

現在、梅毒以上にメディアをにぎわせている感染症がジカ熱です。

少し前にも、外国から帰国した10代の男性がジカ熱に感染していたと言ってニュースになりました。

 

ジカ熱はヤブカ属の蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症です。 

ジカ熱に対するワクチンや治療薬はありませんが、症状が軽く適切な治療をすれば死亡率も1%未満ということで生命の危険はほぼないと言われています。

 3~12日ほどの潜伏期間の後に発症しますが、症状は一般的に軽く、発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などで2~7日ほどで自然に治ります。

 

では、どうしてジカ熱がニュースで取り上げられて話題になっているかと言うと、

妊娠中の女性がジカ熱に感染した場合、生まれてくる子に脳の発育が不十分で知能や運動機能に障害が出る「小頭症」になるリスクがあるからです。

現在、ジカ熱の流行している地域で小頭症の新生児が急増しているそうです。

感染が最も拡大しているブラジルは、今年、オリンピックの開催が予定されているので、妊娠中・妊活中の女性のオリンピックの観戦は自粛するように言われています。

 

また、小頭症だけではなく、ジカ熱の流行地域では、ギランバレー症候群という病気も増えているそうです。

ギランバレー症候群は、急性の末梢神経障害で両側性の運動麻痺がおこります。症状は1ヶ月以内にピークに達し、その後は徐々に回復して1年以内にはほ症状はおさまります。

ギランバレー症候群は、風邪や食中毒などのウイルスや細菌に感染したことがきっかけとなって、自分の免疫が誤って自分を攻撃してしまう自己免疫疾患です。

なので、ジカ熱は妊娠中の女性だけではなく、男性も気を付ける必要があります。

 

ジカ熱の感染経路は、蚊が媒体となっていることがほとんど、輸血以外は人から人への感染はないと言われていましたが、最近、性的な接触で人から人への感染が報告されたそうです。

なので、ジカ熱の感染流行地に行く時は蚊に注意することはもちろんですが、不特定多数の人と性交渉を持たない、性交渉を持つ場合は感染に気を付けるなど自己防衛が大事です。

 

日本では、現在は冬なので蚊の繁殖する時期ではないので流行のおそれはありませんが、蚊の活動時期の5~10月になると感染が増える可能性はあります。

数年前に、同じく蚊を媒介とするデング熱の感染が広がったのは記憶に新しいと思います。

日本は一年中蚊の活動があるわけではないので、大きな流行はないと言われていますが、春から夏にかけて蚊の活動シーズンに突入するので注意が必要です。

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

サプリメント、サメの軟骨成分は必要ない?!

2016年02月23日

今ためしにヤフーで「気」と入力してみました

今のヤフーは予測候補が10件ほどすぐでてきます。

気象庁、気象庁天気予報、気管支炎、気象協会、気温…

多くが気象に関する天気の単語が並びました。

 

もともと「気」とは中国が発祥の歴史ある森羅万象の考え方です。

森羅万象、、、

なんだか図書館の後ろの棚にある茶ばんだ本から出てきそうな単語です。

 

ちょっと想像してみましょう、古の中国の空模様を、、、

 

空に太陽と月があって、それらが止まることなくぐるぐると回っていること、

それぞれが雲や星、雪雨雷を引き連れて時に荒々しく空をかき回し、

風が生まれて波が立ち、山林の小川からムッとした霧が立ち上る。

これらは今と変わりませんね。

 

午後の天気、気温はどうなるのか、

作物の種まきはいつするのか、

屋根下に雪よけを作った方がいいだろうか、

天気予報がテレビや携帯から流れてこない時代に、

外を観察することでこれからの天候を知っていきました。

 

それらは、

ヒトの生活環境に日々影響を与え、時に大きな実りや被害をもたらします。

まるで大きな生き物のように日々変化し、一定ではない外のナニカ。

植物や、生き物にも万年同じではない変動があります。

 

空、風、空気、日差しなど手に取れないその自然エキスは

地球上の生きものに影響を与える。

この自然のダイナミクスを大雑把に気、とするならば、

生きる糧として食糧や空気水から我々は気を受け取っているといえるのでしょう。

 

今日の昼に何を食べましたか

米と肉と漬物、卵焼き、菜っ葉、即席味噌汁、…

これらは大気を吸い上げてできた自然の恵み、気を含んでいます。

昨日は何を食べましたか、

パン、魚のフライ、タルタルソース、ポテトサラダ…コーヒー牛乳

これらも同じで、自然から気を吸収して成長した作物や生き物を加工しています。

なんてことはない、普段の生活と同じです。

特に意識して、気がたくさん含まれている高級お水…を飲んでいれば元気元気な訳ではなく。

新聞広告に載っている、

栄養満点プロポリスをめいいっぱい食べていれば気が充満していく…訳でもなく。

 

誰もが口にしている普通の食事、いつもの呼吸、(水道)水。

それらで十分なのです。

ちなみに天候、自然がもつ力を東洋医学では、「天の気」と呼ぶことがあります。

私たちは普段の生活をしている中で、無意識に自分以外から気を取り入れて、

生命活動に利用している、、、ということですね。

 

気功師や、鍼灸師でなくてもだれでもしていることです。

とっても当たり前すぎて、

こんなかたかたしく書かれるとかえって鬱陶しいかもしれませんね。

空気も天の気の一つなので、

それこそ生まれたばかりの赤ちゃんが息を引き取るまで

ずっと外から気を取りこんでいるんです。無意識に。みなさんも。

 

まず気の話をするうえで、誰もが無関係ではないんだということを知っていてください。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

1 27 28 29 30 31 32 33 48

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop