お知らせ

腰痛の原因はO脚から?

2017年10月13日

~腰痛の原因はO脚?~

 

日本人の約8割がO脚気味と言われています。

O脚だと、立った時に両方の足の内側がくっつきません。

「遺伝だから仕方がない」という人もいますが、ほとんどは後天的なもので、日常生活の姿勢の悪さや、外反母趾や偏平足などでバランスが悪いためにO脚になるようです。 

 

O脚だから腰痛になるのか腰痛だからO脚になるのか?

 

両脚をそろえて立ち、太もも、ひざ、ふくらはぎがすべてくっつかない場合は、O脚です。

O脚の人は、歩く姿勢が悪いため、腰痛になりやすいといえます。

女性の場合、お産をすると骨盤が開き、O脚になりやすい傾向がありますが、男女とも高齢になると体幹力が衰え、O脚になりがちです。

 

体はつながっているので、整骨院で骨盤、股関節、ひざ関節、足関節などの歪みを総合的に施術しながら、自分でもセルフケアをおこなうと、年齢に関係なくO脚は改善することができます。

 

温熱療法について

 

腰痛とO脚はセットのようなものなので、まずは腰回りの筋肉の緊張をほぐすことが大事です。

患部を温めることによって、血管が拡張して血液の流れがよくなり、筋肉の緊張が和らいできます。

ゆっくり温めることで、腰回りの筋肉や靭帯のスチレッチ効果が高まり、継続することで腰痛もO脚も改善されます。

 

O脚を自分で治すには?

 

・正座をする

普通に畳の上で正座ができない人は、お風呂の中で正座をおこなってみましょう。

O脚も腰痛も同時に改善できます。

しかし、熱いお風呂に長くつかるのは心臓に負担がかかるので気をつけて下さい。

 

・片足立ちでバランス力を鍛える

いきなり片足で立てない場合はイスなどを持っておこない、慣れたら何も持たずにおこないます。

 

・ひざに本を挟んで屈伸運動をする

タオルや本などをひざに挟み、屈伸運動を10回ほどくり返します。

 

腰痛予防に摂りたい栄養素は?

 

骨粗しょう症が原因の腰痛なら、カルシウムを含むイワシやヒジキ、牛乳や、マグネシウムを含む昆布や落花生、良質なたんぱく質を含む魚や肉、卵、大豆製品などやビタミン類は各種野菜や果物からを含む野菜類、主食のパンやご飯などの糖質をバランスよく食べることです。

腰痛予防に限らず、何かひとつを食べると体の不調が改善するというような食材はありません。どの栄養成分も摂り過ぎは返って体に害を与えてしまうこともあります。

 

まとめ

 

慢性的な腰痛もO脚も、血や気の流れが滞っているからです。

整骨院で適切な施術を受けながら、家庭でも無理のない程度のストレッチをおこなうと、血流がよくなります。血流がよくなると、気の流れもよくなり気持も前向きになります。

体の不調はあきらめずに治しましょう。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

特別異常が見られない慢性腰痛

2017年10月13日

~腰に特別異常が見られないのに痛みが続く慢性腰痛・日常生活の過ごし方は?~

 

日本人の慢性腰痛の患者数は、約1,500万人とも言われます。

慢性腰痛とは、腰に特別に異常が見られないのに痛みが3ヵ月以上続く状態のことを言いますが、働き盛りの40代に多く見られます。

原因は、ストレスなど精神的な要因が痛みを引き起こすことが多いようです。

 

痛みのことばかり考えないようにする

 

「何が原因でこんなに痛いのか?この痛みは一生続くのか?」と痛みのことばかり考えていると、そのことがストレスとなってしまいます。

腰痛で思うように動けなくても、それなりに工夫することで日常生活がおくれるようになります。

朝、昼、夜ともに、前かがみの姿勢や腰の反り過ぎに気をつけ、朝起きてから夜寝るまで腰をいたわりながら過ごしましょう。

 

①朝の過ごし方

・起床時は筋肉がこわばっているため、急に動くと腰に大きな負担がかかってしまいます。

体を横に向けてひざを曲げ、手を添えてゆっくりと起き上がりましょう。

 

・洗顔時は膝を伸ばしたまま前かがみになると、腰に負担がかかってしまいます。

ひざを軽く曲げて腰に負担をかけないようにするか、専用のイスを置き、座って顔を洗いましょう。

 

・洗濯ものの干し方

前かがみになって洗濯ものを取ったり、背伸びをして干す動作をくり返すのはよくありません。

物干しの高さは目線に合わせた低い位置に設定し、洗濯ものを干すときは、かがまなくてもよいように台の上にカゴを乗せて取るようにしましょう。

 

・掃除機のかけ方

前かがみにならない工夫をし、掃除機をかける代わりにモップなどを利用して効率よく

すませましょう。

 

②昼間の過ごし方

・デスクワーク

座り仕事は立ち仕事より腰に負担をかけてしまいます。イスに浅く掛けると、背筋が緊張して腰が反り返ってしまうので、イスには深く腰かけます。

 

・車の運転について

運転中は肩や腰の筋肉がこわばっており、後で腰痛がひどくなる場合があります。

前のめりになったり、もたれ過ぎの姿勢には気をつけましょう。

深く腰掛けて、ひざ小僧が股関節よりも少し高くなる位置にシートを調節します。

 

③夜の過ごし方

・入浴について

低いイスに座って前かがみになって洗髪をするのは、腰に大きな負担をかけてしまいます。

高めのイスを用意して、姿勢をおこしたまま洗うようにしましょう。

 

・寝具と寝るとき姿勢について

やわらかすぎる敷布団やマットはお尻が沈み込み、腰が反り返ってしまいます。

また、寝るときの姿勢は真っ直ぐに仰向けになって寝るよりも、横向きになってやや丸まって寝る方が腰に負担がかかりません。

 

まとめ

 

腰痛は個人の努力だけではなかなかすっきり治らないためにもどかしいものですが、当鍼灸整骨院では個々の腰痛に合わせた適切な施術とアドバイスを提供できますので是非ご相談下さいね。

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

便秘解消は美肌への近道

2017年10月09日

~便秘解消は美肌への近道~

 

便秘が続くと肌荒れや吹き出物に悩まされ、体も気分も重苦しくなってしまいます。

女性は特に下腹部に生殖器を持っているため、ガンコな生理痛の原因にもなりかねません。

当整骨院で骨盤矯正を受けると便秘が解消され、美肌が取り戻せます。

歪んだ骨盤からは便も尿も出にくくなりますが、便秘薬や利尿剤を常用すると、臓器は冷えて、ますます体調が悪くなってしまいます。

 

便秘の原因と対策は?

 

便秘の原因は一つではなく運動不足や睡眠不足、食事の摂り方、ストレスなど複数が重なっています。

中医学的にみると下半身の「気」や「血」や「水」の流れが滞っているわけですが、下半身の臓器を守ってくれているのが骨盤です。

骨盤が歪むと、内臓が下がり腸の機能が活発に動かず、便を押し出す力も弱まります。

便秘の対策法のひとつに、骨盤矯正があります。

整骨院で的確な施術を受けることで便秘が解消できると、肌の状態がみるみるよくなってきます。

 

自力で便秘を改善するために腹筋力をつける

 

便秘を改善するには腹筋を鍛えることも大切です。

腹筋力が弱まると内臓の位置も狂い、便秘がちになってしまいます。

・腹筋のやり方

①仰向けに寝ころんで、両ひざを立てます。

②頭の後ろで手を組んで、ゆっくり上半身を起こし、ゆっくり戻します。

*寝ころんで、頭を少し上げ、おへそを見るだけでも腹筋の効果は得られます。

 

便秘対策に摂りたい食品

 

自律神経の状態は便通に反映されます。

ストレスなどがかかると、交感神経が優位になり便秘になりがちです。

便秘解消に効果的と言われる食品は、玄米、みそや納豆、漬物などの発酵食品、乳酸菌を含むヨーグルト、食物繊維を含むダイコンやニンジンなどの根菜類や、キノコ類、昆布やヒジキ、ワカメなどの海草類です。

食習慣の乱れは便秘のもと、便秘はお肌の大敵なので、食生活を見直すことが大事です。

 まとめ

 

もともと便秘がちな人は、年齢とともにますます便秘がひどくなってきます。

長年の姿勢の悪さから、骨盤に歪みが生じて内臓に負担がかかったり、食生活の欧米化で日本古来の発酵食品などを摂らなくなったことも便秘の原因です。

美しい肌には誰もがあこがれますが、いくら高級な化粧品を使っても、骨格や内臓にも目を向けないと体の中からキレイにはなれません。

毎日の食生活を改善しながら、当整骨院で骨盤の位置を正する骨盤矯正を受けて、透明感のある美しい肌を手に入れましょう。

また美肌効果の高い美容鍼を受けるのも顔のお肌の美しさを保つのにはぜひオススメです。

今の時代、人生90年、100年です。体のメンテナンスは非常に大切なのです。

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

 

くすまない肌の作り方

2017年10月09日

~くすまない肌の作り方~

 

透明感のある美しいお肌には、女性なら誰もがあこがれます。

肌のクスミの原因のほとんどは、角質肥厚と血行不良です。

年齢とともに角質が厚くなり、透明感が失われていくのはある程度仕方がないことですが、お手入れの仕方や食材の摂り方次第で、顔のトーンを明るくすることも可能です。

 

肌の角質を取るのはピーリングがおすすめです。

 

角質層は黒っぽいので、角質層が厚くなると肌はくすんで見えます。

角質を落とす作用があるピーリング石鹸で1週間に1度くらい洗顔すると、角質がはがれて透明感がよみがえってきます。

肌の弱い人は、いつも使っている石鹸を泡立てて、砂糖を少し加えて洗うと、砂糖の粒子が適度に肌を刺激して、角質を除去することができます。

また、ひじやひざ、かかとなどは粗塩を少し加えて洗うと、砂糖よりも粒子が荒いため、厚い角質もはがれやすくなります。

 

透明感のある美肌のためにビタミン類を摂りましょう

 

くすまない肌を作るには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、この3つが特に重要と言われています。

・ビタミンAを含む代表的な野菜といえばニンジンですが、ニンジンに含まれるベータカロテンは免疫力を高めて肌の老化を防ぎます。

 

・ビタミンCを含むグレープフルーツは半個で、1日の必要な量が摂取できます。

 

・ビタミンEを含むアボカドは食べる美容液とも言われ、美肌のための強い味方です。

 

血行を良くして老化を遠ざける食材を摂りましょう。

 

顔色がすぐれず、肌荒れが気になるようなら、貧血気味や肝臓の疲れが出ているのかもしれません。

貧血を解消する鉄分を含む食材は、カキや青魚、レバー、ほうれんそうや小松菜、ヒジキなどです。

肝臓の疲れを解消する食材は大豆製品や卵、乳製品、牛サーロイン、豚ロース、マグロなどです。

簡単なツボ押しで血行改善

 

美容液やクリームを塗るときに、肌のクスミをとるツボを押すと血行が促され、クスミ対策になります。

・頬車(きょうしゃ)

フェイスラインの耳の斜め下あたりを左右対称に軽く押します。

 

・魚腰(ぎょよう)

眉毛の中央を左右対称に軽く押します。

 

・球後(きゅうご)

目尻から4分の1の骨のくぼんだ部分を左右対称に軽く押します。

 

まとめ

 

西洋医学や高級化粧品で解消できない肌の悩みも、東洋医学の美容鍼で改善できることもあります。

また、食べ物の摂り方に気をつけたり、日々の簡単なツボ押しでも肌は徐々に透明感を取り戻してきます。

やはり結局は血流を良くするということに尽きます。当院の美容鍼を受けたことのない方

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

は是非一度チャレンジしてみてくださいね。

 

シミは血流を良くすると改善できる

2017年10月09日

~シミは血流を良くすると改善できる~

 

シミの原因や種類は様々です。

自分のシミの種類を知って、それに合った方法で予防や改善をする必要があります。

すでにできてしまったシミも、血流を改善することでシミを解消することは可能です。当鍼灸施術の美容鍼の施術を受けることでシミを薄くすることを実感することができます。

あきらめないで、シミのない透明感のある肌を手に入れましょう。

 

6つのシミの種類について

 

①日焼けによる老人性色素斑

紫外線によるシミで、ほお骨の高い部分にできやすいシミです。

 

②イボのように盛り上がった脂漏性角化症

紫外線によってできたシミが、盛り上がってできたシミです。

 

③ソバカスと呼ばれる雀卵斑(じゃくらんはん)

遺伝的なもので、色白の人に多く見られる茶色の小さなシミです。

 

④左右対称の肝斑

頬骨のあたりに左右対称に現れるモヤモヤとしたシミで、女性ホルモンのバランスの乱れが関係しています。

 

⑤炎症の後にできる炎症性色素沈着

ニキビなどの炎症痕がシミになったもので、時間が立つと消えることもあります。

 

⑥急な日焼けでできる花弁状色素斑

海などで強い紫外線を浴びた後に、肩や背中にできます。

 

シミのない体は内側から作られる

 

シミ対策には、高価な化粧品を塗るよりも、抗酸化力の高いビタミン類をしっかり摂って、お風呂で新陳代謝を良くすることが効果的と言われています。

シミに気が付いたら、生活習慣を見直すチャンスです。

 

①十分な睡眠時間が取れていますか?

肌は寝ている時に再生します。

睡眠不足が続くと古い肌細胞がはがれず、肌はくすみガサガサしてきます。

ターンオーバーが順調におこなわれるためには、6時間の睡眠時間が理想です。

 

②適度な運動をしていますか?

パソコン作業などで1日中座りっぱなしでいると、血行が悪くなり、新陳代謝が下がり、シミやシワ、クスミやタルミの原因になってしまいます。

適度な運動をすることによって代謝が上がり、美肌効果を手に入れることができます。

 

③バランスの良い食事をしていますか?

肉や魚、大豆製品などのたんぱく質と、ご飯やパンなどの糖質、野菜や果物をバランスよく食べることは大切ですが、寒い季節は生野菜やジュースでビタミン類を摂ると体が冷えてしまいます。なるべく温かい飲み物や食べ物を摂るようにしましょう。

シミを防ぐ抗酸化作用の高いカロテンを多く含むカボチャやホウレンソウは、蒸したりゆでたりして食べると量も摂れるのでおすすめです。

 

まとめ

 

シミの予防や改善には、毎日の生活習慣を見直すことが第一で、問題点をひとつずつ解決していくことで、シミを薄くしていくことが可能です。

「シミが悩みのタネ」なら、当鍼灸治療で美容鍼の施術といった選択もあります。

 

 

交通事故の後遺症・むちうち・ 鍼灸、巻き爪補正、不妊治療、脊椎・骨盤矯正、美容鍼、小児鍼

鍼灸施術に実績のある
大阪府・枚方市トータルヘルスケア・武田鍼灸整骨院

最近の記事

最近の記事

施術内容のご紹介

武田鍼灸整骨院のご紹介

pagetop