五十肩になる原因は関節!治すための振り子運動

五十肩,運動,原因 その他

ある時に原因不明の肩の関節に痛みが出て、肩が上がらなくなったとお悩みはありませんか?

まさか五十肩かな・・・

でもまだ30代後半だしどうして肩が痛くなったのかな?

といつまでも放置していてはいけません!

五十肩とは、その年齢層になって多く見られることからついた名称です。

ですから、30代でも60代でも原因の特定できない方の痛みを総称して「いわゆる五十肩」と呼ぶのです。

こちらでは五十肩の原因とおすすめの運動について説明していきます。

五十肩の原因とは

原因は加齢による筋肉や関節の変形、血液循環が悪くなることで起こってくるとされています。

一般的な肩こりは筋肉に問題があるのに比べ、五十肩は関節に問題が起こってしまうのです。

五十肩,原因,運動

五十肩の症状

一概に五十肩と言っても痛みを我慢すれば腕を動かすことができるものと、全然動かせない場合もあるのです。

はじめは肩に違和感を感じて、やがて炎症がおこり痛みを感じます。

放っておくと肩の可動域(肩の動かせる範囲)が狭くなってしまいます。そしてその状態を放っておくと、やがて痛みは引きます。肩の可動域も少しは改善されるのですが、以前より肩の動きは悪くなってしまいます。

五十肩はなぜ運動制限が出るのか

五十肩により長い間肩をかばいながら動かすことで関節は固まってしまいます(関節拘縮)

関節拘縮が起こると肩関節を動かす筋肉が衰えます。

それにより可動域制限が起こるのです。

衰えてしまった関節と筋肉は、筋トレでなかなか戻りません。

五十肩は早期に治療をする事が大切なのです。

五十肩の治療法「振り子」運動

治療開始が早ければ早いほど、可動域制限が残る心配がすくなくなります。

痛くても肩を動かす事が何より大切です。

セルフケアにおいては、我慢できる範囲で万歳をしたり、腕を左右に動かしたり、肩を後ろに上げたりする運動が効果的です。

特に痛みの強いうちは、当院では振り子運動をお勧めしています。

五十肩のための振子運動の方法

  1. 身体を前傾にする
  2. 手を重力に逆らわず、垂直に下げる
  3. 脱力する
  4. 手を円を描くように回転させたり前後に振る
  5. 力で操作せず体の揺さぶりで行う
  6. 痛みのない範囲で行う

五十肩,運動,原因

五十肩の保険の扱い「保険適用」について

五十肩の痛みを、1か月以上前から我慢してから整骨院の治療を希望されても、健康保険の扱いはできません。

整骨院は急性期のみ保険が扱えるとなっておりますので、早期にお越し頂けなければ自費診療となります。

肩こりと違う違和感を感じた時やいつも違う痛みが出た時、肩が上がりにくいと感じた時には、放置せず早急に当院にご相談くださることをおすすめします。


腰痛肩こり股関節痛巻き爪矯正ダイエット交通事故「むちうち」鍼灸不妊鍼灸美容鍼耳鍼小児鍼訪問鍼灸でしたら

大阪府枚方市にある武田鍼灸整骨院・整体院にご相談下さい。

電話・メール・LINEでのお問い合わせ

コメント

電話でお問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました