巻き爪矯正

その巻き爪いつまで放置しているのですか?

巻き爪の痛みが原因で身体に無理がかかる!

巻き爪を放っておくと、指の肉に爪が食い込み、激しい痛みを起こすことがあります。

さらに巻き込まれた皮膚が化膿し、痛みで歩く事が苦痛になる方も多くみられます。

また、巻き爪の痛みのために足をかばって歩くと自然な歩き方が出来なくなり、足首や膝、腰、肩へと負担がかかり、膝痛、腰痛、肩こりなど慢性的な不定愁訴の原因となることもあります。

武田鍼灸整骨院・整体院で巻き爪を治すメリット

当院で診てきた腰痛、股関節痛が実は巻き爪が原因だったという事が多々ありました。

また巻き爪だけではなく外反母趾と合わせてお悩みの方はなおさら当院にお越しください。

腰痛や外反母趾が合併している巻き爪が多いからこそ、整骨院・整体院で巻き爪を改善する技術が必要であると確信しております。

巻き爪の真の原因とは

親指を使えていない事が巻き爪の原因

爪が内側へと異常に巻いてしまう状態です。

今までは、巻き爪はヒールなどの先のとがった靴やきつい靴足の指に負担の指に大きな負担のかかるスポーツ、長時間の歩行が原因だと医学的にも考えられていました。

しかし近年、寝たきりの高齢者で靴もはかず歩行せずに生活をしている方達に巻き爪が多く見られることが明らかになっています。

また、杖をついてる側の足(力のかけない方の足)が巻き爪になっているというデータもあり、従来考えられていた原因とは大きく離れています。

足の親指に重力がかからないことによって爪が巻いてしまうのです。

また、年齢を重ねて高齢になるにつれて、太ももの内側の内転筋という筋肉が弱くなり、内転筋を使わずに歩く傾向があると言われています。

これにより、足の外側に体重をかけて歩くようになり、さらに親指にかかる圧力が減り巻き爪が悪化していくようになります。

ヒールをはかないから自分は大丈夫!長時間歩かないから大丈夫!と過信してはいけません。

誰もが巻き爪になる可能性があるということです。実際に巻き爪に悩む方は多く後をたちません。

間違った爪の切り方

深爪やバイアスカットと呼ばれる爪の切り方をすると巻き爪になりやすいのです。

・深爪 ⇒ 爪の先端も角も短く切りすぎる切り方
・バイアスカット ⇒ 爪の両端の角を大きく斜めにカットする切り方

深爪やバイアスカットは、巻き爪や陥入爪の原因になるだけでなく、歩くときに指に力が入らずに不安定になって膝痛や腰痛などの原因になることもあります。

巻き爪で炎症を起こさない切り方「スクエアカット」

爪の切り方は、スクエアカットと呼ばれる切り方がおすすめです。

スクエアカットとは、爪の先端をまっすぐに切って、両端の角を少し丸めて整える切り方です。

この爪の切り方は、出来上がりが四角に見えることからスクエアカットと呼ばれています。

爪の端が皮膚に食い込んで炎症を起こしたり、陥入爪(かんにゅうそう)などのトラブルを防ぐことができます。

一般的な整形外科の巻き爪治療法

今でこそ痛みのないワイヤー器具を使った治療法が主流となってきましたが一部の病院では未だに当たり前のように驚くような激痛で耐え難い手術を行っている場合もあります。

巻き爪の手術法

巻き爪手術は局所麻酔で行い、15分程度で終了します。

皮膚に食い込んだり、巻いてしまったりしている爪を根元の爪を作る部分(爪母)から切除する方法です。

当院にくる方も、手術後に痛くて二度としたくないという声を非常に多く聞きました。

もし病院で治療するならば、最低でもワイヤー治療を行っているところを選んでください。

当院の巻爪矯正はペディグラステクノロジーⓇ

従来の補正とは異なり、痛みもなく、何よりも補正ケア中も「見た目が美しい」のが特徴です。

従来のワイヤー矯正だと、爪にワイヤーを装着しているのが見えるので目立ってしまいます。

その点、ペディグラスは透明な素材を使用しているので見た目にはほとんどわかりません。

ワイヤー矯正のように人に気づかれることも少ないことが魅力です。

公式サイト:http://www.pediglass.com/

ペディグラスの巻き爪矯正の特徴

  • 痛くない巻き爪矯正
  • 見た目が美しい
  • 再発しにくい
  • 月に一度の交換のみでOK
  • 装着しても違和感がほとんどない

巻き爪矯正ペディグラス技術者証 武田有功

補正具は透明なので、ほとんど目立ちません!

↓↓↓

巻き爪より厄介な陥入爪にも対応

  • フリースタイル
  • 70度までの巻き爪に装着可能(1度に10~20度の補正が可能/巻き爪度数表参照)
  • 短時間で装着が可能(5~10分程度)
  • 親指以外の小さな指の爪にも装着可能
  • 爪が薄く、弱い方でも大丈夫
  • 痛くない(器具装着後即座に痛みが消える)
  • 器具が透明なので目立たない
  • 点ではなく面での引き上げなので爪が割れたり傷む事が殆どない
  • 爪の左右片側でも両側でも装着可能
  • 器具が爪から勝手に外れない
    器具の取扱いが簡単(作業中に器具が割れたりしない)

イメージ動画

巻き爪の処置にかかる時間と期間

【施術回数】
月1回 完全予約制です

【施術時間】
初回60~90分

【施術期間】
3~10ヶ月(程度によります)

巻き爪の治療費

ペディグラスは全国統一価格です。

施術回数月1回 完全予約制です
施術時間初回60~90分
施術期間3~10ヶ月(程度によります)
ペディグラス
全国統一価格
施術費
(税込)

軽度の巻き爪 1箇所 5,000円

中度の巻き爪 1箇所 6,000円~7,000円

2箇所(両サイド)補正 上記価格に+2,000円

プレパレーション(爪の状態が悪い方) 上記価格に+1,000円~2,000円

爪切り 1,000円

※メンテナンス・継続補正 1箇所 3,000円 1趾 5,000円

  • 初回が中度の方でも巻き爪の状態が軽くなれば料金がお安くなります。
  • 最終的に1箇所3,000円の価格と成ります。
  • 爪の伸びが悪く爪が非常に硬い方は施術期間が長くかかる場合もあります。
  • あくまでも個人差があることをご了承下さい。

※メンテナンス
器具を使わずに補正、調整した場合

※継続補正
伝統的な原因や爪の病気での巻き爪や、スポーツなどで継続的な刺激に対する巻き爪などの完治することが難しい巻き爪であると判断した場合には、継続補正とさせて頂きます。

長期的に巻き爪を放置している方は早く改善を!

特に高齢の方は、痛みをかばって歩くことによって不自然な歩き方になり、転倒することがあります。

高齢者の寝たきりの原因の一つに骨折があります。寝たきりの予防のためにも爪のケアは重要です。

若い方にも浮指という症状の見られる方が非常に多いです。

裸足で歩かなくなった現代人は指がきちんと地面に接着していない足になる事が多く結果的に浮指が原因で巻き爪になってしまっているのです。

たかが巻き爪だと軽く考えずに、早めの処置が大切です。

巻き爪のケアが軽度かは無料カウンセリングでご相談ください!

当院では中度以下までの巻き爪補正が可能です。

爪や皮膚の状態を拝見し、施術可能かどうか判断します。

実際に来院して、もしくはメールで巻き爪の状態が分かる写真を送って頂いても、施術方法や料金のご案内も可能です。

施術を希望された場合に施術を行います。(この時点で施術をお断りいただくことも出来ます)

巻き爪写真診断の方はこちらから写真を添付してご相談ください

LINEで友達追加していただければ、LINEからの問い合わせも可能です。

①QRコードを読み取っていただき、「武田鍼灸整骨院」のアカウントを友達追加してください

②友達追加後、医院からの案内メッセージが届きますのでお問い合わせ内容をお送りください

よくある質問「Q&A」

Q.巻き爪の矯正治療は保険がききますか?

A.保険は使えません。

Q.化膿した巻き爪は矯正できませんか?

A.化膿している場合は、ばい菌等を検査する必要がありますので、まずは皮膚科の受診をおすすめします。

Q.巻き爪は爪切りしてきた方がいいですか?

A.爪が長いほうが矯正力がありますので、切らないで来院してください。

Q.巻き爪ロボは効果ありませんか?

A.個人差はありますが、肉にワイヤーが食いこんできて激痛になる方もいらっしゃいます。特にヒールで立ち仕事の方には、向きません。

Q.巻き爪ブロックは効果ありませんか?

A.爪が分厚い方、巻きが強い方には合わないようです。

Q.巻き爪が治ったとして以降の予防はできますか?

A.一時的に巻き爪が治っても、伸びた爪が再び巻き爪だったら意味がありません。

当院では、巻き爪改善までしっかりとサポートさせて頂いております。