鍼灸の治療で「針の響き」って痛みなのでしょうか?

鍼灸,痛み,響き

鍼灸の治療を受けた事のない人は、針を体に刺すという事を、体にすごく痛いものを我慢するものと、深刻に考えられている人が多いです。

この鍼灸の針が痛いもので、怖いなと考えてしまう原因は、注射の経験からではないかと思いますがいかがでしょうか?

今日は鍼灸治療の針について先入観のある方に、

  1. 針を刺す瞬間
  2. 針を刺さっている間
  3. 針を抜いた後

についてきちんと説明したいと思います。

鍼灸を受けてみたいけど、怖いなと思っている方は是非参考にして下さいね。

鍼灸の治療時の針を打たれた瞬間の感じ方とは?

鍼灸の針は、一般的な注射の針と比べるとかなり細い物が使われています。

特に当鍼灸整骨院でも使っている、日本製の針灸用の針の太さは、髪の毛よりも細いサイズです。

これは、注射用の針は、中に液体を通すための中空の管なのですが、針灸の針はそのような必要はありません。

太くする必要がなく、体に効果をもたらすのに十分な太さがあれば良いのです。

そのために、体に刺さった時の痛みが注射針と全く違います。

もちろん、痛みが全くないわけではありません。

ただし、刺される時にちくっと痛みが感じる位で、『あれ、針灸で使う針の痛みって、こんなものなの?』と思う方が多いです。

鍼灸,響き,痛み

鍼灸の治療時の針の「響き」とは?

当鍼灸整骨院の鍼灸を例にして説明すると、当鍼灸整骨院の鍼灸を受けられた人は、針が刺されていた場所に『ずしんと響く』という表現を使われる人が多いです。

人によって表現や感じ方は多少変わりますが、鍼灸の施術中にそのような感覚を受ける事があれば、針が効いている状態です。

当鍼灸整骨院の鍼灸では、針を刺した状態でしばらく時間をおく方法もあります。

その間はずっと、『ずしんと響く』が続いており、あなたの緊張した筋肉をやわらげる働きをしてくれるのです。

もちろん、その間には、針が刺さって痛いという感覚はありません。

鍼灸の治療後の針の感覚は?

そして施術が終った後も、針が痛かったという感覚はないと思います。

ただし、鍼灸治療は今まで治す力を失っていた深部にある患部に直接刺激する訳です。

ですので持続的な効果があります。

鍼灸治療を受けてから2日、3日目にスッキリすると言われる患者様も多いです。

鍼灸治療を受けるのに女性の先生を希望したい

当鍼灸整骨院では、男性、女性とスタッフがおりますので、異性の先生を相手にはどうもという心配はありません。

鍼灸の適応疾患は様々です。

不妊治療や美容鍼、股関節の治療など、女性ならではの繊細なお悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。

もしもそのような心配がありましたら、遠慮なくおっしゃってくださいね。

鍼灸,痛み,響き

鍼灸の痛みのまとめ

もちろん針の痛みは個人差もありますし、痛く感じる場所に刺さる事も全くない訳ではありません。

もし刺された痛みが気になるようでしたら、当鍼灸整骨院の鍼灸師に、すぐにおっしゃってください。

また針灸の針の効果なのですが、人によっては針の効果が強く出すぎる人もいらっしゃいますので、一人で悩まずにいつでもご相談下さい。


腰痛肩こり股関節痛巻き爪矯正ダイエット交通事故「むちうち」鍼灸不妊鍼灸美容鍼耳鍼小児鍼訪問鍼灸でしたら

大阪府枚方市にある武田鍼灸整骨院・整体院にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です