肩こり

ひどい肩こりを何とかしたい!

肩こりを、慢性で誰でもあるような症状だと治すことをあきらめていませんか?

肩こりに対して湿布を貼ったり、マッサージをすれば一時的に気持ちよくなります。

肩が凝ってつらくても我慢し続け、どうしようもなくなればマッサージで一時的に楽になる事をを繰り返す。
これが肩こりに対しての当たり前の一般常識になってしまっているのです。

このようなひどい肩こりでお悩みはありませんか?

☑長年、頭痛のある肩こりに悩んでいる
☑肩こりや頭痛を抑えるために湿布や痛み止めを常用している
☑パソコン作業が多く目の疲労が強い
☑首の付け根がちぎりたくなるように痛だるい
☑マッサージに通っているが自宅に着いたらもう肩が凝っている
☑強いマッサージでないと満足できず悩んでいる
☑猫背気味で姿勢が悪く、すぐに首と肩の痛みが出る

治す必要がある肩こりがある!

特に最近辛くなった肩こりを感じる方は、身体の危険信号の可能性もあるので容易な治療を受けるのもお勧めできません。

肩こりは患部をほぐせばよいと思われがちですが、肩をマッサージして一時的に改善しても、またすぐ肩こりは出現します。

しかも肩こりを起こす原因は複数あり、ご自分でも何が原因で肩がこるのか全く見当もつかないと思います。

中には脳内出血などの危険な病状も潜んでおり、安易な治療は後で後悔します。

過度のマッサージやリラクゼーションは逆に肩こりの悪化を招きます。

一般的な肩こりとは

そもそも肩こりって病気ではないのは知ってますか?

肩こりは病名ではなく肩周辺の筋肉の緊張(固まり)の症状全般の総称です。

首から肩にかけて、背中、肩甲骨周辺部分が「重い」「だるい」「痛い」などの症状があると「肩が凝っている」「肩こりが酷い」と認識されています。

肩こりはなぜ治らないのか?

肩こりは、あくまで結果(症状)です。肩こり解消にはマッサージをする、運動・ストレッチをすると改善するといったことは、結果を誤魔化しているだけです。

つまり本当の原因は無視していて改善していないということです。

一番ひどいのは、肩こりをマッサージで繰り返し誤魔化し続けるという行為であり、肩こりをより強固なものとするので悪化する一方です。

姿勢が原因の肩こりのとは?

脊椎にはもともと頭の重さを緩衝させるためにS字状のカーブが存在していますが肩こりを強く感じる方はこのS字カーブが少ない傾向がございます。

すなわち身体的なバランスが悪く、頭の重量さをうまく緩衝することができず肩周囲の筋肉がその負荷を請け負っていることから首や肩の筋肉が疲労しやすいと推測できます。

ですからバランスが崩れている事が一番の原因となるわけです。

ストレスが原因の肩こりとは?

仕事や家庭で受けるストレス以外にも、目の疲れや花粉症のストレスでも肩は凝るのです。

その場合は当然ながら原因は仕事や家庭、目の問題などが解決しなければ当然肩こりも解消しません。

解消しないからと言って、肩こりを放置すれば大きなストレスとなり、うつ病やしびれを伴うような重篤な肩こりに繋がります。

ですからストレスが原因だから仕方がないと思わず、施術をお受けする事をおすすめ致します。

放置してはいけない解消すべき肩こりとは

頭痛の症状をともなう肩こり

頭痛を伴う肩こり中には、クモ膜下出血等の重篤な病気が隠れている可能性はあるので注意は必要です。

慢性的であり、一度は病院で検査をして異常なしのものは肩こりが原因と言えますので、当整体院にて施術を刺せて頂きます。

急に出現した頭痛を伴う肩こりに関しては、まずは病院等の専門機関で検査を受ける必要もありますので、危険な肩こりをしっかりと判別できる知識が必要です。

病院で検査を受けるべき肩こりの例

●頚椎症
●五十肩
●胸郭出口症候群
●頚椎椎間板ヘルニア
●むちうち症(交通事故)
●側弯症
●OPLL(後縦靭帯骨化症)
●クモ膜下出血(脳血管障害)
●狭心症(心疾患)

上記の病気が潜む肩こりに関しましては、提携している病院の方へご紹介しております。

自分で判断するのは非常に難しいと思うので、まずはご相談ください。

当整体院が得意な肩こりの3つの施術方法

基本的には、普通の肩こりに関しては我慢さえすれば問題ありませんが、長期的に見て脳への悪影響、目、歯茎といった血行不良によって引き起こされる問題があるのでやはり改善すべきであると思います。

またシビレが出てきたり、後から頭痛が出てくるような症状を放置すると大変なことになります。

姿勢を改善して肩がこるのを防止する

姿勢を良くすれば治るのか!という簡単な問題ではありません。

姿勢を良くするというのは、脊椎のバランスを整えるだけではなく、左右の筋肉の状態を考える必要もあり、自分だけで解決するのは非常に困難であると言えます。

肩こりの原因となる深い筋肉「インナーマッスル」をストレッチする

肩周辺には、表面にある代表的な「僧帽筋」をはじめ、身体の深いところには「肩甲拳筋」「斜角筋」「棘上筋」「小円筋」など、大小さまざまな筋肉があるのです。

この表面ではないインナーマッスルにストレッチを効果的に欠けることで、症状の改善に取り組んでおります。

最新の医療設備と鍼灸で肩こりのツボを刺激

武田鍼灸整骨院・整体は鍼灸の施術を最も得意としております。

しかし苦手な方もいますし、なによりも鍼灸だけでは改善しない場合も多々ございます。

最新の医療機器でツボを的確に刺激すれば症状は改善されます。鍼の苦手な方もご安心ください。

肩こりが改善したお客さまの声

40代女性 会社員 M.Kさま
来院した理由 :肩こり、右ひじの痛み

仕事から帰るときいつも辛いと感じていた肩こりと右ひじまで走る痛みが5年以上前からありましたが武田先生の治療を受けるようになり約2か月で右ひじの痛みが改善しました。

先生から右の股関節が悪いと指摘され、肩こりとどういった関係があるのか不安でしたが納得いく説明をもらい治療を受けたところ本当に肩こりが以前より軽くなってきたことに驚きました。

30代女性 電話オペレーター Y.Hさま
来院した理由 :肩こり、頭痛

今までマッサージ院に行っていましたがその時は気持ちよくて良くなっても次の日には全く同じ状態でもう治らないとあきらめていました。

仕事で右耳ばかりで電話を受けるので姿勢が悪いだろうとは思っていましたが武田先生から右首の骨が動いていないと言われショックをうけましたが、定期的に治療を受けるようになり肩こりはまだ残っているものの頭痛は全くおこらなくなってストレスが減りました。

肩こりの症状でお悩みなら武田鍼灸整骨院・整体にお越しください

今までどこに行っても治らなかった肩こりについては、治すにはやはりそれ相応の時間が必要です。

武田鍼灸整骨院・整体院は「肩こり」の原因を治すための整体院ですので、本気で肩こりを治したい方に対しては、徹底的に治療をさせて頂いております。

治すことをあきらめ肩こりを放置することで、自分が老後にどうなるか想像してみてください。

どこで施術を受けても改善しなかった、スッキリしなかったといった方も是非一度、武田鍼灸整骨院・整体院でご相談ください。

初回から治療内容の違いを感じて頂けることはもちろんのこと、肩こりで溜まらなく辛いという時間から、お客さまを解放できるようにしっかりサポートさせて頂きます。

肩こりについてよくある質問Q&A

Q.肩こりで保険は使えますか?

A.肩こりは慢性疾患となる為に保険では扱えませんので、整体院での自費施術となります。

ただし肩首の関節に急な痛みが出て、それに「関連した肩こり」であれば保険は使用できます。

ご本人さまで判断できない場合は遠慮なくお問い合わせください。

Q.肩こりで頭痛と吐き気がある状態で施術できますか?

A.病院を受診しなければいけない状態であれば、当整体院で施術をせずに病院をおすすめする場合がございます。

肩が凝りすぎて、という原因でしたら当整体院でしっかりと施術いたします。

Q.肩こりのネックレスをしていますが効果がありますか?

A.当整体院ではネックレスを販売しておりませんので、効果をお答えすることはできません。

Q.枕が原因で肩こりがある気がするんです・・・

A.当整骨院、整体院では枕の最適な高さの指導もおこなっております。

直接、ご自分が使用している枕を持参する方も多々いらっしゃいますので、ご相談頂ければと思います。

Q.他院で肩こりを解消するグッズを売りつけられました。

A.当整骨院・整体院ではグッズを販売し売りつけるようなことは一切致しません。

Q.効果のある肩こりの体操を教えて欲しい

A.施術回数に応じて、ご自宅でして頂きたい肩こり体操もご指導させて頂いております。

Q.肩こりでマッサージ機(マッサージ器)を毎日かけてますが良くないですか?

A.肩こりに強く圧をかけると気持ちが良いですが、徐々に硬化「石灰化」がすすみ、肩こりは改善しなくなってしまいます。

Q.肩こりでヨガに通ってますが施術を併用できますか?

A.もちろん可能です。むしろ併用することで肩こりが解消するスピードが速まります。

Q.肩こりの注射を受けていますが針とは違いますか?

A.全く別物です。注射はステロイドなどの薬を注入しますが、針はツボに刺して刺激を送るだけです。

Q.肩こりと漢方を併用したいのですが・・・

A.その場合には、漢方を処方できる病院をご紹介しますのでご相談下さい。

Q.肩こりで針を検討してますが痛いですか?

A.痛みと表現するかは人それぞれです。毛穴に入った時は痛みがありますが、ほとんどは痛くはありません。

Q.肩こりで整形外科を受診していますが来てもいいですか?

A.問題ありません。整体院では自費施術ですので保険診療との併用が可能です。

Q.手にしびれがある肩こりは重症ですか?

A.胸郭出口症候群という肩こりが重症となればしびれが出てくる場合がございます。

初見の際にしっかりと検査を行い、改善するための施術をさせて頂きます。

Q.肩こりは温めるといいと聞きましたが?

A.肩こりの原因にもよります。重篤な原因が隠れている場合は温めると悪化します。