肩こりでおきる手のしびれ、胸郭出口症候群ってなに?

肩こり,しびれ,胸郭出口症候群, 肩こり

手がしびれる代表的な疾患として、胸郭出口症候群というものがあります。

肩こりを感じる場合が多いですが、厳密にいうと肩こりと胸郭出口は違う症状です。

手のしびれは

  1. 頚椎の問題で起きる場合
  2. 脳の問題で起きる場合
  3. 胸郭出口で起きる場合
  4. 手首で起きる場合

以上の4種類が考えられますが、今回は胸郭出口が問題でおきる手のしびれについて、ご案内したいと思います。

胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群とは、首から出ている血管や神経を鎖骨やその周辺にある筋肉が何らかの影響で圧迫することで、手のしびれを引き起こすことです。

胸郭出口症候群は主に斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群という3つのタイプがあります。

いずれにせよ、血管圧迫に比べて神経圧迫のほうが圧倒的に多いとされています。

そしてこの圧迫により首こり、肩こり、腕の痛みやしびれを引き起こすのです。

肩こり,胸郭出口症候群,しびれ

胸郭出口症候群になる原因

原因としては主に先天的、外傷性、非外傷性があります。

先天的とは、生まれながら首にある前斜角筋と中斜角筋が狭い、あるいは第1肋骨と鎖骨が狭いことが考えられます。

外傷性とは事故やスポーツで一時的にでも強い力が加わったり、手を使った作業を繰り返したり、首を繰り返したり動かしたりするなどの場合があります。

そして、非外傷性にはなで肩や猫背などの姿勢不良によって引き起こすことがあります。

胸郭出口症候群の症状

症状は大きく分けて4つのタイプがあります。

  1. 腕のしびれやだるさを訴える
  2. 肩こりや肩甲骨周りの凝りと痛みを訴える。
  3. 首と背中の凝りと痛みがある。
  4. 1~3の症状に加えて頭痛や立ちくらみ、不眠、全身倦怠感などが現れる

以上の症状があればあなたの手のしびれは胸郭出口かもしれません。

胸郭出口症候群の診断

胸郭出口症候群は腕神経叢圧迫型と牽引型の2タイプに分けることが出来ますが、7割以上は混合型とされています。

胸郭出口症候群であるかどうかは理学検査を行うことが重要です。

一番心配しなくてはならない事は、安静にしていても痛みやしびれがある場合です。

最悪のケースとして、悪性腫瘍も考えられるからです。

胸郭出口の鍼灸治療と整骨院での治療

上記で述べた胸郭出口症候群の4タイプで治療を考える事も出来るのですが、代表的な治療法としては斜角筋や小胸筋への鍼刺激をすることが効果的とされています。

整骨院では首の筋肉をマッサージしたり超音波を使った温熱療法や運動療法などがあります。

当院では鍼灸治療はじめ、超音波を使った治療や深部の筋肉をストレッチさせるインナーマッスルをストレッチする治療法もあります。

手のしびれがあり肩こりがある方は、是非当院までお越しください。


腰痛肩こり股関節痛巻き爪矯正ダイエット交通事故「むちうち」鍼灸不妊鍼灸美容鍼耳鍼小児鍼訪問鍼灸でしたら

大阪府枚方市にある武田鍼灸整骨院・整体院にご相談下さい。

お問い合わせ

武田鍼灸整骨院・整体院へのお問い合わせはこちら!

LINEで友達追加していただければ、LINEからの問い合わせも可能です。

①QRコードを読み取っていただき、「武田鍼灸整骨院」のアカウントを友達追加してください

②友達追加後、医院からの案内メッセージが届きますのでお問い合わせ内容をお送りください

コメント

電話でお問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました