鍼灸の施術を受ける時に針って痛いのか?

鍼灸,痛い 鍼灸

鍼灸を受けてみたいなとは思っているけど、実際に針って痛いような気がする。。。

そうお考えの方が多いと思いますが、鍼灸の施術を受ける時に、針の痛みをガマンする必要はありません。

鍼灸を一度も受けたことがない方は、針の痛みについては不安な方も多いと思いますので、こちらでは実際に針は痛いのか、ご案内したいと思います。

鍼灸の針って注射針を想像していませんか?

鍼灸の施術なのですが、鍼灸の施術を受けた事のない人は、針を体に刺すという事を、体にすごく痛いものと、深刻に考えられている人が多いです。

この鍼灸の鍼が痛いもので、怖いなと考えてしまう原因は、注射の経験からではないかと思います。

注射の針が体に刺さった時の痛さと、鍼灸での針の傷みを同じように考えてしまうからです。

鍼灸の針なのですが、一般的な注射の針と比べると、かなり細い物が使われています。

特に、当鍼灸整骨院でも使っている、日本製の鍼灸用の針の太さは、髪の毛よりも細いと言われています。

これは、注射用の針は、中に液体を通すための中空の管なのですが、鍼灸の針はそのような必要がないので、太くする必要がありません。

ですから鍼灸で使用する針は、体に効果をもたらすのに十分な太さがあれば良いのです。

そのため、体に刺さった時の痛みが、注射針と全く違います。

鍼灸,痛い

針の痛みとは刺す痛みではありません

もちろん、痛みが全くないわけではありません。

ただし、刺される時にちくっと痛みが感じる位で、『あれ、鍼灸で使う針の痛みって、こんなものなの?』と思うかもしれません。

ただし、鍼の痛みは個人差もありますし、痛く感じる場所に刺さる事も、全くない訳ではありません。

もし、刺された痛みが気になるようでしたら、当鍼灸整骨院のスタッフに、すぐにおっしゃってください。

鍼灸の鍼の効果なのですが、人によっては、針の効果が強く出すぎる人もいらっしゃいますので、おっしゃっていただければ、すぐに対応いたします。

針は刺して痛いではなく「響き」

鍼灸の施術を受けてる時は、ずしんと響くかんじがあります

当鍼灸整骨院の鍼灸を例にして説明すると、当鍼灸整骨院の鍼灸を受けられた人は、針が刺されていた場所に『ずしんと響く』という表現を使われる人が多いです。

人によって、表現や感じ方は、多少変わりますが、鍼灸の施術中に、そのような感覚を受ける事があれば、針が効いている状態です。

針は無理にしなくてもツボはとれる!

鍼灸治療を受けてみて、苦手だと感じられた場合は、無理にすすめることはありません。その方にとって最善の治療をします。

ただ注射針をイメージして避けているのであれば、注射針と鍼灸治療の痛みは全く違います。

痛みや筋緊張の緩和に鍼はとても効果を発揮しますので、もし機会があれば受けてみてくださいね。


腰痛肩こり股関節痛巻き爪矯正ダイエット交通事故「むちうち」鍼灸不妊鍼灸美容鍼耳鍼小児鍼訪問鍼灸でしたら

大阪府枚方市にある武田鍼灸整骨院・整体院にご相談下さい。

電話・メール・LINEでのお問い合わせ

コメント

電話でお問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました